お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

5月10日(日)のゲストは裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火さん▼メッセージテーマは「母さんの愉快な話」

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。5月10日(日)の放送は…

▼ゲストに、裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火さんをお迎えします。

▼メッセージテーマは、「母さんの愉快な話」です。

ちなみに、にち10スタッフの「母さんの愉快な話」は…、

「60歳を超えて、フェイスブックを始めた母。最近、近所を散歩した様子をアップしていたが、ことごとく写真が逆さになっていて、もはやパラレルワールドに迷い込んだ投稿になっていた。『いいね』を超えて『やばいね』を送りたい気分になった」(40代♂・プロデューサー)

「“おでかけリサーチ”が“ご自宅リサーチ”になり、母に借りが溜まっている。放送で使った残り食材の消費、タイムキープなど、母の協力が欠かせない事態だからです。それをわかってか…、出勤時に『柏餅が食べたいわ』など、見返りをリクエストされる。母はしっかり者です」(30代♀・おでかけリポーター)

「去年の年末、母親が遊びに来た際、トイレに『理想と信念を失った者は、廃人と同じだ。織田信長』と紙に貼って帰っていきました。何故!? 落ち着いて用を足せません」(30代♂・ディレクター)

「テレビで『ぴえん』という言葉を覚えた母が会話の中で多用するようになりました。『今日ご飯いる?』『いらない』『ぴえん』。正直なところ、やめてほしいです…。ぴえん。」(20代♀・アシスタントディレクター)

「定年退職した母がパソコン教室に通い始めた。今はとにかく、その腕前を披露したいようで、実家の冷蔵庫にはパソコンで作った近所の人たちとの飲み会のお知らせのビラが貼ってあり、驚いた。ただ、思いがあふれ、文章に『!』が多過ぎるので、もう少し減らしては…とアドバイスを送っておきました」(30代♂・構成作家)

「先日、私の誕生日に母からおめでとうLINEが届いた。そこには『46歳ですが・・・』とあり、『・・・はどういう意味?』と聞いたら、『年とったなーと思いました』と返ってきた。確かに・・・。この番組は始まったときは30歳でした・・・」(40代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、オリジナルポストカード「テレワークでよろしく!」をお送りしています!Let’sハッスル!