お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

「甲子園、出たかったですね~」片岡安祐美さん 有馬隼人とらじおと山瀬まみと

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

8日は、茨城ゴールデンゴールズ選手兼監督の片岡安祐美さんを迎えました。

片岡安祐美さんは熊本県出身。野球好きのお父様の影響で、小学校3年生の時に野球を始めます。2002年からは、4年連続で「女子野球日本代表」として活躍。2005年、社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」に入団。セカンドとして活躍し、2014年には「全日本クラブ野球選手権」でチームを優勝に導きました。現在は、「選手兼監督」として茨城ゴールデンゴールズを引っ張る一方、2017年には、元プロ野球選手の小林公太さんと結婚されました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、お2人には、生放送のスタジオのすぐ隣、ガラス一枚を隔てた特設スタジオからご出演いただきました。

お父様がきっかけで野球に興味を持った片岡さん。テレビで見た、甲子園に出場している高校球児がとてもキラキラしていて、カッコよく映ったそうです。小学生や中学生の頃、男子生徒とともに練習に励んでいたそうで、周りの皆さんに支えてもらったことが良い思い出とのことです。高校でも当然、野球部に入部しましたが、規定により、女子生徒の甲子園出場は叶いませんでいた。一方で、2001年には「女子子硬式野球」の日本代表に選出され、さらに、2002年、16歳の時には「第2回 女子野球世界選手権」に出場し、準優勝を果たされています。

8日の放送では、萩本欽一さんに見出され、茨城ゴールデンゴールズへの入団した際の思い出や、日本中からたいへんに注目された当時のこと、選手だけでなく監督を兼務してからの10年間の回顧など、いろいろとお話しいただきました。

さらに、2017年に結婚されたご主人、小林公太さんが経営されているラーメン店(東京・白山 「俺の生きる道」)のお話しや、野球が出来ず、ご自宅で過ごされている近況などについても伺いました。ご夫妻は、2018年には、山瀬まみが司会を務めているテレビ番組「新婚さんいらっしゃい」にも出演されています。

明るい笑顔とハキハキとした受け答えの片岡さん。有馬も山瀬も番組も皆、これからの活躍を応援しています!

詳しくは、下記のバナーをクリックして「radiko」のタイムフリーでお聴きください。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年5月8日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200508100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)