お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「Stay Home」おうち時間は朗読がおススメ!今回は、淡い初恋の物語。【銀の匙】後編

ラジオシアター~文学の扉

新型コロナウィルス感染対策で、おうち時間が増えています。
毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週も、「ラジオシアター~文学の扉」は、中嶋朋子さんひとり語りの「朗読」でお送りします。

(↑アクリル板越しの撮影で若干反射&曇っております。)

今週の作品は、中勘助(なか・かんすけ)『銀の匙』後編。
中勘助の自伝的な小説で幼い頃から十代後半までを描いています。
後編は、主人公の私が、小学校に入り初めての淡い恋を経験します‥‥。

女の子は幼い頃からおませ。男の子が好きな女の子に翻弄されます。
女の子と男と子との、関係性が、物語に描かれており、ゆったりと温かい気持ちになる作品です。

また「びりっこけ」「ぽっくり」言葉の響きが、可愛らしくて素敵!と、中嶋朋子さんが楽しんで朗読されていました。

では、ここでおススメの本をご紹介します。
●橋本武 『〈銀の匙〉の国語授業』(岩波ジュニア新書)

橋本武さんは、神戸の灘校で伝説の教師と言われた方です。
2013年に、101歳でお亡くなりになりました。
灘中学三年間の国語の授業では、教科書は一切使わず、全て『銀の匙』一冊だけで教えました。
一字一句、詳しく語句を調べるところから始まり、内容に関しての話し合い、そして、百人一首がでてくれば実際に百人一首をやり、凧揚げが出てくれば凧揚げ授業。
まさに、究極のスローリーディングではないでしょうか?
教え子には、遠藤周作さんや、現・神奈川県知事の黒岩祐治さんなど、著名な方もいます。
興味のある方は、一度お手に取ってみてください。

By 番組スタッフ

 

 

ピックアップ