お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

Shingo Suzuki(ovall)がラジオで披露、オール即興演奏のライブ音源。

アフター6ジャンクション

注目のアーティストが日替わりでエクスクルーシブなスタジオライブやDJプレイをカマしてくれる贅沢ミュージックゾーン「LIVE & DIRECT」。街から生の音楽が消えてしまった今だからこそ、せめてこの番組ではこのコーナーで「生きた音楽」をお届け致します。4/30は…ベーシストでプロデューサーのShingo Suzukiさん!

origami PRODUCTIONS所属のベーシスト。音楽活動を始めたのは2000年頃。Jazzy HioHop & R&Bユニット「Ovall」でベーシスト、バンドマスターをしながら、トラックメイカーとしても活動。2005年には活動の拠点をフランスへと移し、パリのライブハウスでレギュラーイベントを企画すると、2008年に出したファーストアルバムがiTunesの HIP-HOPチャートでTOP10入り。EU圏でも注目を集め、国内外で大きな話題に。2009年、日本に戻り「Ovall」を本格始動。その後は、FUJI ROCKなどの大型フェスへの出演も果たし、世界中のアーティストとのコラボや、海外でのライブツアーも成功へ。2014年には、ニュープロジェクト「Hipnotics」をスタート。Shingo Suzukiさんが作り出すヒップホップのフィルターを通した新しい音楽は、数々の大手企業のCMソングにも起用(Panasonic、資生堂、adidas、出光昭和シェル、スズキなど多数)。各界のミュージシャンからの信頼も厚く、矢野顕子さん、木村カエラさん、さかいゆうさん、さらには「防弾少年団=BTS」にも楽曲提供や、ライブのサポートも。

この日は、当番組のためにサンプラーと生演奏を駆使した全編即興演奏を!

「Shingo Suzuki ライブ音源!」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200430190000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)