お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


4月19日(日)「小田原市のなわとびジャンピングチャレンジ!」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!
放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲なわとびジャンピングチャレンジ!

4月19日(日)の放送では、自宅でなわとびに挑戦するジャンピングチャレンジをご紹介しました。神奈川県小田原市の体育協会が始めたチャレンジ企画で、小田原市の人口18万9651人と同じ回数なわとびで跳びましょう!というものです。

▲跳ぶぞ〜

ルールは、なわとびで跳んだ回数を小田原市体育協会の申し込みフォームへ申告します。1人、1日1回まで申し込み可能で、跳ぶ回数の上限は3000回までです。途中で引っかかっても続けてOK!

▲みよーん

でも、多くの人はちゃんと引っかかったところまでで申告しているそうです。外出できない現状で運動不足解消や肥満予防、ストレス解消のために先週月曜日から始まりました。小田原市民じゃなくても参加できるので、私も2015年のフランチャイズタウンでもある小田原市に貢献すべく!跳ぶぞ〜と張り切っていましたが・・・昨日土曜日の時点で20万回を突破!締め切りである今週水曜日を待たずに目標達成です。

▲それでも跳ぶ!跳びます。

しかしもうひとつの目玉が!!目標の小田原市の人口の数、跳んだら、抽選で10人に5千円のクオカードが当たるんです!跳んでいる動画や写真に#おだチャレをつけてSNSに投稿すると、当たる確率が2倍に。ここは上限である3000回を跳ぶしかない!

▲小学校以来ひっぱり出したなわとび(母が書いてくれた名前がうっすら・・・)

小田原市体育協会に聞いたところ、今のところ400人以上がチャレンジしていて、3000回を達成した人は7人です。しかも皆さん19歳以下だそうな。中継中にチャレンジしたら3回でひっかかる・・・やっぱり部屋の中は跳びにくいですね。マンションの1階ホールで中継コーナーが終わってから11:55まで跳びました!

▲久しぶりのなわとびは足にきます。

引っかかっても続けて、トータル425回でした。3000回ってすごいんですね。久しぶりのなわとびは、とても足にひびきましたが、体に良い!いや、気分が良い!定期的に跳ぼうと思いました。小田原市のジャンピングチャレンジ今週22日(水)までです。