お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

WACK WACK RHYTHM BAND・小池久美子のDJ「90年代クラブの誰も急いでない感じ」mixに共感多数

アフター6ジャンクション

今注目アーティストが日替わりでエクスクルーシブなスタジオライブやDJプレイをカマしてくれる贅沢ミュージックゾーン「LIVE & DIRECT」。こんな御時世だからこそ、DJ、弾き語り、その他いろいろ、いま出来るさまざまな手段を駆使して、音楽の力を伝えていくコーナーです。4月14日は…ファンキーインストパーティーバンド「WACK WACK RHYTHM BAND」のリーダーで、アルトサックス吹きの小池久美子さん!

1992年に結成された10人編成のファンキーインストパーティーバンド。来日していたイギリスのバンドBrand New Heaviesにライブを気に入られた縁で、ロンドンの「ACID JAZZスタジオ」で初レコーディングを行う。その後、ソロデビュー直前の小沢健二さんのデモレコーディングやコーネリアスのライブツアーなどに参加し、1996年にトラットリアレコードよりCDデビュー。以来、小西康陽さん、クレイジーケンバンド、スカフレイムス、星野みちるさん、SMAP、などなど様々なアーティストと交流し、渋谷・下北沢を中心に全国のクラブ/ライブハウスで活躍中。2003年には、アルバム「WACK WACK RHYTHM BAND」を、ライムスターも所属していたファイルレコードからリリース。このアルバムにはライムスターとコラボした「Wack Wack Rhythm Island」も収録(ライムスター「ウワサの真相」のセルフリメイクにも参加)。そして、15年振りとなるニューアルバム「THE ‘NOW’ SOUNDS」を4月4日にリリース!

「WACK WACK RHYTHM BAND・DJ!」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200415190000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)