お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ボカロP」の歴史で見えてくる最先端の音楽像とは?【宇多丸と冨田明宏が語る】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。4月14日は…「自宅のデスクトップから、セカイに届け。このタイミングで『ボカロP』の歴史をちゃんと学ぼう特集」!   

 

音声合成技術を使ったソフト「ボーカロイド」、通称「ボカロ」が2007年に誕生して以降、ボカロを使って音楽を発表する、「ボカロP」が数多く誕生。今をときめく「米津玄師」さんも、もとは「ハチ」という名前でボカロPとして活躍されていました。今や、J-POPシーンにとっても無視出来ないボカロPについて、今夜はその歴史や、注目すべきボカロPとその楽曲など、学んでいきます。自宅にこもらざるを得ないこの状況、自宅のパソコンから音楽を使ってセカイと繋がるこのボカロ文化。学ぶところが多そうです。アニメソング評論家で音楽プロデューサーの冨田明宏さんにタップリと解説いただきました!

紹介した「おさえておきたいボカロP」は…

・supercell「メルト」
・ハチ「マトリョシカ」
・黒うさP「千本桜」
・じん(自然の敵P)「カゲロウデイズ」
・バルーン「シャルル」
・ヨルシカ「ただ君に晴れ」
・Eve「僕らまだアンダーグラウンド」

 

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP