お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ウルトラマンA最終回のセリフが、今のご時世にハマりすぎている。【やさしさを失わないでくれ】

アフター6ジャンクション

独自な視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。4/13は「今、世界には『ウルトラマンA』が必要!…なのか?特集 by タカハシヒョウリ&ガイガン山崎」

1972年から1973年まで放送されていた『ウルトラマン』シリーズの第5弾、『ウルトラマンA』。実は今、この最終回でのエースのセリフが感動的で、しかも新型コロナウイルスが広がる今の日本社会に刺さる!!と一部で話題になっています。

当時のシリーズは一見、美しく終わったように見えた『ウルトラマンA』。志は高かったのですが、しかし実は山あり谷あり、バタバタの作品だったらしいのです。しかし、『エース』の試行錯誤があったからこそ現在の『ウルトラマン』シリーズが続いているのは間違いない事実。そこで、今改めて、『ウルトラマンA』とはどんな作品だったのか? 怪獣博士のライター・ガイガン山崎さんと、バンド「オワリカラ」のボーカル、タカハシヒョウリさんに解説していただきました!

 

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP