お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

空気環境改善を実現するみんな電力株式会社の「みんなエアー」 感染症対策としてスタジオに導入

スペシャルインフォメーション!

TBSラジオは、出演者の新型コロナウイルス感染防止策として、パーソナリティ間のアクリル板設置などの感染防止策に取り組んでいましたが、スタジオが密閉空間であることから、空間自体の安全性を高める施策を実施検討しておりました。そのなかで空気環境の改善を実現するみんな電力株式会社の「みんなエアー」を感染症対策として導入することとなりました。

<導入内容>
①紫外線殺菌照射装置「エアロシールド」を設置
「エアロシールド」1台をスタジオの壁面に設置します。 「エアロシールド」は紫外線の中でも最も殺菌効果が高いとされるUV-Cにより空気を殺菌する装置です。第三者研究機関の実証試験により「実空間における浮遊菌が89.6%減少」することが証明されおり、24時間紫外線照射を行うことでスタジオ内の空気を衛生的に保ちます。​

②空気中の浮遊菌を採取・検査して「空気を見える化」
みんな電力のスタッフがスタジオ内で空気を吸引し、人体に影響を及ぼす可能性があるといわれる19種類※1の浮遊菌について、専門の検査機関で菌の有無や量などを調査します。さらにエアロシールドを設置してから一定期間後に同様の検査を行い、サービス導入前後の空気環境を比較、見える化します※2。その後、検査結果に基づきエアロシールドの増設やその他の空気環境改善策を提案していきます。
※1 ブドウ球菌、糸状様真菌、ミクロコッカスなど
※2 現時点で、紫外線が新型コロナウイルスを不活性化することが証明されているものではありません。

11
エアロシールド(左)と浮遊菌検査の様子

TBSラジオはAM波の基幹送信所である戸田送信所で使用する電力を、2018年12月8日よりすべて再生可能エネルギーに切り替えています。 再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力など自然の力を利用して発電したエネルギーのことで、石油や石炭などの化石燃料を利用する発電に比べて発電方法は環境にやさしく、国際的にも普及推進が求められています。  そうした中で、再生可能エネルギーやFIT電気を各地より調達、販売する「みんな電力株式会社」と協力することで、この取り組みを実施しています。