お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「Google Arts&Culture」を使って、家にいながら美術館・博物館を楽しもう!!

ジェーン・スー 生活は踊る

家にいながら、美術館・博物館に行けるって知ってました?!
現在、新型コロナウイルスの影響で、多くの美術館・博物館が休館しています。でも、美術館・博物館が「インターネットで美術品が楽しめる」ようにイロイロと展開・工夫しているところもあるんだそうです。ということで、美術ライターの浦島茂世さんにおすすめのサイトを教えていただきました!

Google Arts&Cultureを使ってみよう!

まず、Googleが世界各地の美術館・博物館が協力して、各館の名品を展示している「Google Arts&Culture」を是非利用してほしい!世界中の有名なアート作品・写真・美術品をまとめているデジタル美術館。世界中の文化遺産をオンラインで紹介することを目的に 2000以上の代表的な施設やアーカイブのコンテンツを見ることができます。

*浦島さんおすすめの美術館は・・・東京国立博物館。
現在「観楓図屏風」のオンライン展示を行なっており、解説を見ながら、絵を楽しむことができます。また、「オンライン展示」以外にもカテゴリー分けがされているので、自分の興味がある絵を見ることができます。例えば…「東京国立博物館」は「布」「琺瑯」などカテゴリー分けされています。また、基本的には、英語で書かれていますが、「Google翻訳」で日本語で見ることも。そして、「絵を拡大して見ることも」できるんです。そして!ストリートビューの機能をつかっていろいろな美術館をめぐる追体験ができるんです。各美術館のページの下の方に「ミュージアムビュー」と書かれているところがあるので、そこをポチッとクリックすると・・・実際に見ながら回ることができます!

スー&小笠原「試してみてびっくり!実際に美術館に行った気持ちで楽しめる!!」

自前で頑張っている美術館もあります!

グーグルに頼らず、自前でオンライン鑑賞ができるようにコンテンツを用意しているところもあります。例えば、「メトロポリタン美術館」公式HP内に掲載されている、美術館を回ることができるYoutube動画は、左上のカーソルで360度視点を操作できます。ほかにも、王道の「ルーブル美術館」、先日まで日本で展示をやっていた「コートールド美術館」もオンライン鑑賞ができます。あと、ライブ配信を行なっている美術館もあります。島根県安来市「足立美術館」は、庭園の生中継をやっています。日本庭園が有名な美術館で、世界中から見物客が押し寄せています。ぼーっと見ているだけで癒やされます!

そもそもインターネットは、見ようと思えば、いろんな絵や画像・動画を見ることができます。とても便利なことだけど、その人が「見たい」と思わない絵にしか出会えないのが唯一の弱点。「偶然の出会い」に出会えない。

だからこそ、バーチャルな美術館を利用して、偶然の出会いの素晴らしさを体験してほしいです。いいな、と思った絵や作品を見たら、ぜんぜん知らない画家だった。という場合は、その場で検索をはじめれば、好みの絵をもっとたくさん見られますよ!

浦島さんからお知らせ♪
『企画展だけじゃもったいない 日本の美術館めぐり』が、ジービーから発売中です。
各館オススメの作品の画像もたっぷり入っていますので、今の時期、ぜひお楽しみください!!

ピックアップ