お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

これを機会に【アントニーとクレオパトラ・前篇】ゲスト:美弥るりかさん

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週は、ゲストに女優の美弥るりかさんをお迎えして、シェイクスピアの「アントニーとクレオパトラ・前篇」をお届けしました。

さて、早速今週もブースの様子をお届けしていきたいと思うのですが、まずはじめに、お聴きになられた皆様思われたのではないかと思うのですが、なんと言っても美弥さんの“イケメンボイス”!

一言目に震えましたね(笑)。
ブース外のこちら側からも歓声が上がりました。さすがです!
更にそのお声とアントニーの詩的な言葉たちが合わさって、アントニーの台詞一言一言が、まるでロマンティックな愛の告白のようにも感じられます。

思慮深いクレオパトラを真っ直ぐな愛で包み込むアントニー。
ブース内でも、美弥さんは度々朋子さんに視線を送りながら、一つ一つ言葉を発していきます。

物語は、そんな幸せに包まれたシーンから一転、アントニーとクレオパトラが口論するシーンへ。まるで舞台のワンシーンのような、白熱した雰囲気がブース内に広がります。

そして終盤、帰らぬアントニーの結婚の話を聞いたクレオパトラは、怒り狂い、「エジプトなんぞ、ナイル川に溶けてしまうがいいッ!」と叫び、前篇は幕を閉じることになります。

いつも以上に、後篇が気になるような絶妙な”引き“ですね!
後篇では、そんな2人の物語は思いもよらぬ方へ方へと進んでいきます。そして、シェイクスピアの代表作「ロミオとジュリエット」との共通点を感じるようなラストも必聴です!

※この写真は3月17日に撮影されたものです。

昨今舞台やイベントなど、物語や作品を感じる機会も中止や延期が叫ばれる中、こんな機会だからこそ、ラジオシアター、じっくり聴いてみるのはいかがでしょうか。

脈々と語られてきた文学作品には、時に元気や勇気を、時に何か大切なことを教えられます。
興味が湧いた方は、是非過去の作品にも耳を傾けてみて下さいね。
それでは、また来週。

By 北村健人

ピックアップ