お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 4月6日放送分】知られざる「寄生生物」「微生物」の世界 成田聡子さん▼慶應義塾大学医学部合格、おめでとう! 合格者インタビュー 冨満大暉くん▼石井大裕×谷本魁渡×美空(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2020年4月6日(月)放送後記

スタジオは、高校3年生の谷本魁渡(たにもと・かいと)くんと、
高校1年生の美空(みく)さんとお送りしました。

 

<高校生の主張>

「高校生の主張」のコーナー、

今週も、大学受験を目指す皆さんへの

アドバイスをお届けしてまいります。

 

「名門会」に通い、この春、

慶應義塾大学医学部に現役合格を果たした方に、

石井大裕がインタビューした模様をお届けします。

スタジオにお招きしたのは、慶應義塾高校出身の

冨満大暉(とみみつ・たいき)くんです。

石井大裕にとっては、「高校の後輩」です!

 

石井大裕アナウンサー

冨満大暉くんは、慶應義塾高校出身で、医学部に内部推薦で入ったそうですね。私も慶應義塾高校出身ですので、どれぐらい大変なのかは存じております。ある種の「積み重ね」ですね
冨満大暉くん
「(医学部への推薦をもらえた時は)奇跡かと思いました。(医学部は)目標にしていました。勉強は、一瞬たりとも気が抜けませんでした。(部活動は)軟式野球をやっていました。ポジションはピッチャーで、練習は週に6日、大会にも出ていました。けっこう充実した3年間になりました。高校1年生になるときに『医学部に行きたい』と決めたので、そこは曲げずにやってきました。もちろんテスト前に必死に頑張るのは当たり前ですけれど、部活動が終わってからも少し勉強するとか本当に小さなことをやっていました。家族も、僕がテスト前などに勉強をしている時は、基本的に起きて見守っていてくれました。医学部に決まった時は、おばあちゃんが一番喜んでくれました」

 

石井アナウンサー

勉強の仕方について教えてください。
冨満くん
「理系の科目は、問題集を解かない限りはどうしようもないので、問題集はまあ、2廻りくらい解くのは当たり前でした。文系科目が面倒で、先生が言ったこと全てがテスト範囲になるので、授業中は先生が言ったことをメモしたり、『ここ(テストに)出るな』と思ったら、アンダーラインを引いたりして、授業を丁寧に受けていましたね。(学校の授業以外には)『名門会』に通っていました。一対一で授業してもらえたので、授業でよくわからなかったり、理解が曖昧なところを質問したり、定期テストの時期まで遠かったら、勉強をする気が無くなってしまうので、そうしたところを先生にペース配分してもらい、一緒に行っていました」

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。今週と来週は、

生物学者の成田聡子(なりた・さとこ)さんを迎えました。


 

成田聡子さん。

千葉大学・大学院で共生細菌を研究した後、国立研究開発法人・農業生物資源研究所などで、細菌や感染症、ワクチンの研究をおこなっていました。現在は「株式会社 日本バイオセラピー研究所 筑波研究所」の所長代理を務めるほか、幹細胞を用いた「細胞療法」や「再生医療」にも従事されています。また、3月に出版された著書「えげつない! 寄生生物」が話題を集めています。

石井大裕アナウンサー
微生物について教えてください
成田聡子さん
微生物とは、漢字で示す通り、「小さい生き物」を全部、指しているんですね。もちろん、細菌は含まれますし、原虫なども含まれますが、微生物の中には、人間を中心にして考えると、「人間にとって悪いもの」と「人間にとって良いもの」、そして「どっちでもないもの」も居て、その「どっちでもない」という微生物が9割以上です。「どうでもない」と思われていても、生物学は人間だけの学問ではないので、よく研究してみたら、他の動物に対して病原性を持つとか、そういったものも研究しています。例えば、どうしてそういうのを研究するかというと、それも人間中心の話にはなるんですが、農作物を荒らすような害虫、蛾の幼虫などに感染するウイルスをまくと、もう、その畑の幼虫や害虫は全滅です。でも、そのウイルスは人間にとっては無害じゃないですか。宿主と、それに感染している微生物の組み合わせというのは、もう数え切れないほどあります。その中でそれぞれが一緒に居ることで、何億年とかけて進化して来ているんですね。そういった研究が、基本的に私の専門です。
    

石井大裕アナウンサー
今、学校がお休みになっている方も多いですが、高校生の皆さんへ、先生からメッセージをお願いできますか
成田聡子さん
「暇」って、すごく良いことなんですよ。余裕が無いと新しいことにチャレンジできないじゃないですか。暇な時って、新しいことにチャレンジしなくて、ゲームをやったりするじゃないですか。でも、皆さんの脳は、「達成した」という快感が欲しいんですね。特に若い時って、「自分、やれている」とか「こういう目標を達成した」という、自分に対する評価が上がるんですよ。そして自信になるんですね。ですから、是非、毎日、何か目標を立てて、それをこなしてゆきましょう。そして、中期目標や長期目標、1か月にわたった時にどこまでやるか、例えば本を、1冊や2冊読んでも良いし、それをリスト化してまとめていくでも良いです。その、読んだ本というのは一生、皆さんの中に残りますから、是非、時間を浪費せず、楽器でも良いし、「一つずつ、毎日乗り越えている」という何かが、若い時には絶対必要です。

成田聡子さんの最新の著書のお知らせです。
新潮社から絶賛発売中の「えげつない! 寄生生物」は
本体価格:1430円で発売されています。
お近くの書店、インターネットの書籍販売サイト
オンラインショップなどでお買い求めください。

 

慶應義塾大学医学部に合格した冨満大暉くん、
「患者さんに親身に寄り添えるようなお医者さんになりたい」と
語って下さいました。

成田聡子さんには、身近な「微生物」についても
詳しくお話しいただきました。

詳しくは、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200406210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

番組に「新入生」が加入しました。
高校1年生の「美空」(みく)さんです。
これから、高校生活も「高校生サポーター」も
よろしくお願いします!

この春、新しい道へ進んだ皆さん、
おめでとうございます。
「ハイスクール・ア・ゴーゴー」では、
これからも高校生の皆さんを全力で応援してまいります。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================