お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

車いすアイドル・猪狩ともかさんが手記を出版▼人権TODAY(2020年4月4日放送分)

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で、8:20頃に放送している「人権TODAY」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

事故から2年・・・

アイドルグループ「仮面女子」のメンバーである猪狩ともかさんは、2018年4月に都内の歩道で事故に遭い、脊髄損傷で下半身を動かすことができない状態となって以来、車いすで活動しています。この番組でも事故後の5月の放送で取り上げ、入院中だった猪狩さんにインタビューを行いました。
当時、猪狩さんはリハビリの真っ最中で、腕の力だけで体を起こすことの大変さや、一人で車いすに乗る練習をしていることなどを話していました。

あれから2年、再び猪狩さんに話を聞きました。

猪狩ともかさん

猪狩ともかさん

――現在の体の状況は?
特に問題もなく元気に過ごせています。上半身の筋肉はとてもつきましたね。日常動作はほぼほぼ出来るようになったんですけども、今は自分が車に乗り込んだ後に、車いすを車の中に自分で積み込む。車いすから車のシートに移乗した後に、車いすを車の中に積み込む練習をしてますね。

――まだできないことってあるんですか?
ベッドとかお手洗いとか、車いすと同じ高さのところに移乗することは出来るようになったんですけど、床から車いすの座面まで上がる(床トラ)それはできないですね、なかなか。

――さまざまなインタビューで、きっかけとなった事故のことを聞かれると思いますが、嫌ではないですか?
そうですね、割と初めから、そんなに嫌だと思ったことはないですね。

東京五輪が延期に

猪狩さんはわずか4か月でステージに復帰し、アイドル活動を続けています。そしてグループの活動と並行して、車いす生活者としての講演やバリアフリーの情報発信、パラスポーツの普及活動にも取り組んでいます。

ステージ復帰した猪狩さん

そんな猪狩さんですが、パラリンピックの応援大使としても活動。しかし先日、東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が決定しました。どんな思いか、聞きました。

猪狩ともかさん

延期が決まったことはとても残念ですし、オリンピック・パラリンピックにかかわるたくさんの方々が混乱していることかと思うんですけど、アスリートの皆さんもパワーアップするための期間が設けられたとポジティブにとらえてる方もいらっしゃいますし、私も延期になった分、もっと競技に詳しくなれるようになったんじゃないかと思って、前を向いていくしかないと思ってますね。

――大使としてどんな活動をしている?
最近はバリアフリーについての話し合いをパラ応援大使の皆さんとしたりとか、新しく完成した有明アリーナの完成披露式典に出席したりしました。

また、猪狩さんが実際に体験した競技として、車椅子テニスやボッチャなどを挙げていて、特に水泳はもともと12年間習っていたそうで、楽しくリハビリとしても継続していきたいということです。そして、今後やってみたいものとして、車椅子アーチェリーを挙げています。

ただ、パラスポーツの選手の中には、進行性の病気の人もいるそうで、大会の延期によって病気が進んでしまい、パフォーマンスが下がるどころかスポーツを続けられるかどうかも分からなくなる人もいるそうです。

しかしながら、猪狩さんはパラリンピックは「自分にしかできない技を持つ人が集う場」で、それぞれが障害に応じて「オンリーワンの技」を披露する舞台だと話していて、大会が終わった後も関心を持ち続け、行動を起こしていきたいということです。

初めて本を出版

猪狩さんは2年前のインタビューの際、目標として「手記を出したい」と話していたのですが、このたび出版されることになりました。タイトルは「100%の前向き思考 生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための40の言葉」です。

初の著書

猪狩ともかさん

事故に遭ってから事故当初の話や、復帰するまでの間のことを書いておりまして、さらにその中で、私が自分自身にかけていた言葉や、人からかけてもらって前向きになれた言葉を紹介して読んだ皆さんも前向きになれるような1冊になっているかと思います。

仮面女子から卒業へ

最後に、猪狩さんはこの秋にグループを卒業予定だそうです。
「これまでは車いすに乗ってアイドル活動をしてるから注目してもらえてた。これからはアイドルという枠に頼るのではなく、一個人としてやっていきたいと思った」と
卒業を決めた理由を話しています。今後はYouTubeで、パラスポーツの魅力などを伝えていきたいということです。

猪狩ともかさん

(担当:進藤誠人)

■取材協力
仮面女子公式サイト