お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

ダンスダンスレボリューションガチ勢のプロレスラーSHOさん。トイレ以外24時間ぶっ通しで踊り続けた話

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

SHOさん完全版トーク後編はこちらから↓↓

■ダンスダンスレボリューションを丸一日やり続けた

「マイゲーム・マイライフ」のゲストは先週に引き続き、プロレスラーのSHOさんです。先週はSHOさんが小学生の頃から今までずっと熱中し続けているダンスダンスレボリューションの専門用語についての話で盛り上がりました。
難しい曲でも連続でクリアできるSHOさんは、技術もさることながら、体力が無尽蔵。さすがはアスリートです。そのため、番組恒例のあの質問を先週から内心ちょっと期待しておりました。「ゲームを最長、どれくらいやったことがあるか?」について。ほかの人の何倍も体力があるSHOさんのことです。規格外の答えが飛び出てくるに決まっています。


宇多丸「最長、ぶっ通しで何時間くらいゲームしたことありますか?」

SHO「ああ~、丸一日……(くらいぶっ通しでやることは)ありますね」

宇多丸「それは何(のタイトル)をやられていたんですか?」

SHO「何でも(やります)、ダンスダンスレボリューションも(やったこと)ありますし」

宇多丸「ダンスダンスレボリューションを丸一日って、RPGを丸一日やるのとはワケが違うじゃないですか。つまりその、体力が」


SHO「昔、家庭用のゲームのときに、エンドレスっていうモードがあったんですよ。ひたすらランダムで次の曲、次の曲って。それを本当に何時間も」

宇多丸「地獄の1000本ノック」

SHO「途中で飽きなかったので、ずーっとやって。トイレのときだけどうしてもちょっと止めちゃうんですけど。それの繰り返しで4時間やってトイレ行って、4時間やってトイレ行って、みたいな繰り返しでずっと一日」

宇多丸「えー! 鬼の訓練じゃないですか。でもやっぱり楽しいから……?」

SHO「楽しいから全然苦じゃなかったです」

宇多丸「ダンスダンスレボリューションって……身体動かすやつでそれはやっぱり(すごい)……」


SHO「変な感覚になりますね。ハイになりますね。マラソンみたいな」

宇多丸「そうやって、ゲームのやり過ぎで仕事とか、学業とかに悪影響はなかったんですか?(中略)プロレスラーのお仕事でやらかしたとか、寝不足で行っちゃったとか」

SHO「寝不足はありますね。あと、ダンスダンスレボリューションで足が筋肉痛に(笑)」

宇多丸「ですよね(笑)」


SHO「ダメなんですけど。コンディション作りが、プロとして失格なんですけど」

やはり、思った通りです! まず、そもそもが「ゲームを丸一日ぶっ通しでやる」だけでもすごいことなのです。過去のゲストでも、丸一日を超えて続けた人はそんなに多くはなかったはず。それだけでなく、体を動かすゲームを丸一日って……。SHOさんは「4時間ダンスダンスレボリューションをやってトイレ行って、を繰り返した」と言っていましたが、そもそもダンスダンスレボリューションを4時間続けてやるのもほとんどの人が無理なのでは……?

ほかにも、プロレスにおける「相手との読み合い」は『鉄拳』で学んだ、などという面白エピソードも出ていました。

ところで、来週でこの番組も4年目に突入します! 振り返ってとみに思うのは、今回のSHOさん然り、アスリートとミュージシャンの方々は特に突き抜けたゲーム話を持っている傾向にある気がします。両者ともに集中力と反復練習力が常人よりもずっと優れているからでしょうか(アスリートの場合は体力も)。自分には到底かなわないようなエピソードを聞いているのは、たとえそのゲームに明るくなくても面白いものですね。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

SHO「演歌を好きになった理由がゴエモンなんですよ」

宇多丸「演歌を好きになった理由がゴエモン!」

SHO「ゴエモンのBGMがちょっと演歌っぽくて。和風な。で、演歌も聞くようになったら、好きになっちゃって」

宇多丸「ゴエモンきっかけで演歌好きになる人ってそんなにいるかなぁ!?(笑)」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

ピックアップ