お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「DJの大会前に聞けばよかった…」メンタルトレーナーの話にDJ松永、大合点

ACTION

4月1日(水)のゲストはメンタルトレーナーの大儀見浩介さん。大儀見さんは中学時代はサッカー部に所属し、元日本代表の高原直泰さんらと共に全国優勝したこともあります。今日は大儀見さんからスポーツ心理学やメンタルトレーニングを話を、「DJの大会前に聞けばよかった〜」と嘆くDJ松永さんがお話を伺います。

松永 :自分もサッカーやっていたので分かるんですけど、PKって入れるのめっちゃ簡単じゃないですか。学生のころの自分がそう思っていたので、遥かに何倍も上手いプロの選手は絶対に入ると思うんですが、実際に日本代表に試合を見ていると外すことって往々にしてありますよね。これは心理学の問題はありますか?

大儀見:あると思います。技術、体力、心理と心技体3つ分かれると思うのですが、プロの選手となると技術も体力も持ってxいるので、問題は心になりますよね。一夜にして、一瞬にして筋力や技術は落ちないので、変化があるなら心理面。PKという1対1の局面。どんな選手でもプレッシャーはかかるんですよ。そこで緊張するあまり、結果を意識しすぎて、ボールの軌道、蹴ったあとすぐのボールを追いかけるのが早くなると、顔が上がるんですよ。それによってボールが上に上がる可能性が高くなります。見ている位置ですね。

松永 :なるほど!それは腑に落ちますね。

松永 :技術や肉体のトレーニングは一生懸命すると思うんですが、それを経て初めて心理的なトレーニングが必要になるんですかね?何を改善すればいいか分からないですよね?

大儀見:そもそも心理というのは、人間の欲求と思考と行動を指すんです。これを学術的に研究したのが心理学。そしてスポーツ選手の欲求と思考と行動を研究したのがスポーツ心理学です。で、この欲求と思考と行動を整えていくトレーニングを普段から行うのがメンタルトレーニングなんですよ。

松永 :普段からやっているスポーツ選手はどれぐらいいますか?

大儀見:トップアスリートたちは自分たちである程度知識を持って実践されていると思いますが、僕が今サポートしている一番小さい子は小学5年生ですね。受験とサッカーと。

松永 :5年生ですか!!

松永 :バスケのフリースローも一緒ですかね?

大儀見:だと思います。たとえばイチロー選手はバッターボックスで同じ動きをしますよね?あれ、パフォーマンスルーティーンって言うんですけど、こうすれば上手くいくという集中の手順なんですね。その動作が速くなっていないかとか見てます。

松永 :あれって必要な工程なんですか?

大儀見:そうですね。見る場所を決めるとか、余分なものを見ないことは大事です。人間、なにか集中したいときに関係ないものをチラッとでも見ると、そこに集中しちゃって分析しようと無意識にしちゃうんです。絶対に余分なものを見ないことです。

松永 :なるほど!それってトレーニングでなんとかなるんですか?

大儀見:なんとかなります。見る場所を決めとけばいいんです。

松永 :うわぁ、俺それDJの大会前に知っときたかった(笑)俺それですごくミスったりしますもん。普段気にならないものが気になって、頭の中が一瞬真っ白になって、そうしたら自分のやりたかったことが崩れていくということを何度も経験してます。

大儀見:それは過集中です。集中しすぎです。

松永 :過集中!?集中しすぎ?

大儀見:これは真面目でコツコツ練習するタイプの人ほど本番で起きやすいんです。たとえば集中ってスポットライトなんです。当たるべき場所にポーっと照らし出している。つまり今すべきことがシンプルに分かっている状態は集中できている状態です。で、これが広範囲で大きく広く照らし出しすぎるとぼんやり薄暗くなりますね。これが油断している、緊張が薄れている状態です。で、緊張しすぎというのは、やるべきことをスポっと照らしているかと思いきや、見なくていいものを見ちゃったり、聞かなくていいことを聞いたり、思い出さなくていい過去の失敗を思い出したり、連想しなくていいミスを連想しちゃったり、パンパンスポットライトが振っている状態です。

松永 :身に覚えがありすぎます…。

大儀見:そうなると人間は自然とドキドキバクバクして、呼吸が浅くなり、頭の中に余分なことがたくさん出てきてパニックになるとか、身体に無駄な力が入るんです。これが過緊張、過集中ですね。この状態じゃ実力は出ないですが、ミハイ・チクセントミハイという心理学者は「実力を発揮しているときは、人間が楽しんでいるときに近い」と言っているんですね。もうそうなったら、そうなった自分を楽しむことですね。あとは呼吸を整えるとか、パフォーマンスルーティーンを準備するとかですね。これらは練習から準備するんです。

このあと、メンタルについて気になった松永さんがめちゃくちゃ聞いていきます。GUEST ACTION全編はradikoのタイムフリーで。

4月1日(水)のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200401163040

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)