お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

実は檀れいと関係がある??都庁!

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、「都庁」についてお送りしました。

今から29年前1991年の今日、4月1日は、新宿に作られた東京都の新しい庁舎に都の機能が正式に移転した日です。
建築家「丹下健三」さんのデザインによる都庁舎は、複雑かつ近未来的な建物で、私にとってはいまだに「新しいもの」というイメージがあります。……でも30年近くの歴史があるんですね。

第1本庁舎と第2本庁舎、そして都議会議事堂という3つの建物からなる都庁ですが、特に第1本庁舎の高さは243・4メートルもあり、1990年の12月の竣工当時は日本で最も高いビルとなりました。

東京都の行政のため、都民のための機能が集まった場所ですから、パスポートのなどの申請、各種相談やなどに出向く必要がありますが、用事がある人だけしか行ってはいけない・・・わけでもありません。

実は観光地としても素晴らしいのが都庁です。
職員用の食堂も来庁受付を申し込めば誰でも利用可能です。
また第1本庁舎45階にある高さ202メートルの展望台は無料で、天気が良ければ富士山や東京湾も望める絶景だそうです。かつては夜まで営業するレストランで夜景を見ながらディナーを楽しめたそうですが、現在は閉店してしまいました。残念です。

では、新宿に移転するまで、都庁はどこにあったのでしょう。
旧庁舎は有楽町駅の北、東京駅の南の「丸の内」にありました。ただ、戦前の「東京府」時代からの建物は戦争で焼失。その跡地に1957年に建てられたのが旧い都庁舎でした

…実はこちらも丹下健三さんのデザイン。
かなりモダンなデザインだったそうですが、企業の本社や行政の機能の分散化のための「副都心計画」により、30年あまり使用しただけで新宿への移転になりました。

ちなみに新しい都庁が作られた副都心の新宿に何があったかというと、もともとは「淀橋浄水場」です。同じ副都心計画で浄水場が東村山に移転したのち1970年代から高層ビルが立ち並ぶ地域と新宿中央公園に変わりました

さて、あっちこっちのパズルのような話になりますが
有楽町にあった都庁の跡地はどうなったのでしょう。一部には「東京フォーラム」が建てられましたが、実は、とある施設にもなっていました。「東京宝塚劇場」建て替え時、1998年から2000年までの期間限定で存在した「宝塚1000デイズ劇場」です。

なるほど! いろいろつながりました。
私もすこーし都庁と関係があるわけですね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。
ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。