お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

なぜ野球ファンは打順を組みたがるのか?

ジェーン・スー 生活は踊る

2020年3月17日(火)放送の「生活情報のコーナー」では、『打順の組み方』


3月10日の放送で、杉山真也アナウンサーが小学校のころ、家で一人で遊んでいた時の話をしました。鏡の前でひとりで架空のボールを投げて、そのボールを打つ、という完全ひとり野球をやっていた話をしました。その時には、仮想チームを2チーム作って、仮想の打順を作るという話をしたところスーさんから「なぜ野球ファンはなんでもかんでも打順を付けるのか?ネットとかでも○○で打順組んでみた、というのがあるけどなにあれ?意味が分からない。打順組むって何?そもそも打順ってなに?」というお問い合わせを頂きました。

そこで、きょうは打順大好き杉山真也が、そもそも打順とはなにか?ということを私なりの見解で説明していきたいと思います!

打順とは

打順とは野球の打つ順番のこと。野球は9人でするスポーツ。試合毎に1番〜9番までを設定してその試合に関してこの順番が入れ替わることはない。

野球は9回まであり、3アウトで表と裏が交代するので、計27アウトとると試合に勝つ事になる。つまり少なくとも1人3回ずつ打席が回ってきます。

当たり前ですが、1番が1番多く打席が回ってきて、9番が回ってこない。野球には一塁〜三塁まであり、満塁時(つまりランナーが3人いる状態)でホームランを打つと最大4点入る、ということを踏まえて、まずは打線の役割はざっとこんな感じ。

打線の役割とは?

1番…チャンスメーカー スピード 切り込み隊長
2番…うまい人 器用…現代野球で最も野球観が現れるポジション
3番…チームの主力 バランスが良い人
4番…破壊力 チームの支柱!大将!
5番…信頼感、安定感のある人
6番…勝負強さ
7番…確実性はあまりないけど、結構やる人 少し気楽に打てる順番、未来の主軸候補
8番…守備重視 キャッチャーが打つことが多い
9番…上位打線につなぐ人 小技が得意

決して好きな順のランキングではない!
組むのは自由で人それぞれ。
目的、役割をはっきりさせてその打順を任せる!

好きな果物の打順!

みなさんも好きな果物を思い浮かべてみてください!そして好きな果物に自分なりのイメージをつけて~
例えば、1番…チャンスメーカー スピード 切り込み隊長だったら、この果物。4番…破壊力 チームの支柱!大将!という果物はどれか?

杉山的、好きな果物の打順!

1番「マスカット」
…今一番個人的に好きでマイブーム。その勢いをチームにもたらしてほしい。
2番「梨」
…単体で食べてもそこまで強く主張しない、
たださりげなくめちゃくちゃ美味しい!控えめだけど芯が強いところが好き。
3番「メロン」
…その大きな見た目、美しさ、味の繊細さ、主力として働いてほしい。
4番「いちご」
…おそらくもっとも好きであろうフルーツの一つ。ショートケーキは間違いないし、
単体で小さな身体が素晴らしい能力を持っているこのチームの主将。
5番「桃」
…大きな見た目でどっしりと、いちごさんが打てなくても
必ずチャンスで打ってくれる!みんな大好きの安定感安心感。
6番:スイカ
…桃が打てなくても必ず打つ!ほとんど水分だけど、
彼がいないと夏が始まらないように絶対にチームには不可欠。
7番「キウイ」
…最近個人的に来ている。主力ではないけど、
フルーツの盛り合わせがあったら確実にとってしまういぶし銀的な。
8番「さくらんぼ」
…ギリギリメンバー入り。ただバナナリンゴとのスタメン争いに勝った。
一粒の甘味で手が止まらなくなる事も。コツコツ打っていってほしい。
9番「みかん」
…むくのが面倒なのだが、食べると美味しい。ビタミンCを摂取したい時に
食べる時もある。しんがりを任せて上位打席につながってほしい。

ベンチ…バナナ、リンゴ

自分一人で、2チーム作って対戦させてみるのも楽しいかも!また誰かと一緒にやってみて、対戦させたり意見交換してみるのも楽しみの1つ。みなさんもぜひやってみてください。