お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

最愛の人と、最愛の街スウェーデンで挙式~LiLiCoさん

コシノジュンコ MASACA

2020年3月22日(日)放送
LiLiCoさん(part 1)
タレント、歌手、映画コメンテーター。1970年スウェーデンのストックホルム生まれ。スウェーデン人の父親と日本人の母親の間に生まれる。日本のアイドル歌手に憧れて、18歳の時に単身で来日。長い下積み時代を経て、2001年にTBS『王様のブランチ』で映画コメンテーターとしてレギュラー出演を果たし、現在は映画俳優へのインタビューをはじめ、トークイベント、ナレーション、雑誌エッセイ執筆など、マルチタレントとして幅広く活躍しています。

Li:待ってました! どうしてもスケジュールが合わなくて・・・やっと!

出水:機が熟したと言う感じですね(^^)そもそもジュンコさんとの接点は?

Li:ジュンコさんとはショートショートフィルムフェスティバルでずっと。

JK:私、別所哲也と仲がいいから。途中からLiLiCoさんになってね。私のショウにも来てくださったわね。

Li:こっそりと(^^;)布が大好きなので、本当は全部買いたいんですけど・・・もうちょっと稼いでから! でも、本当はウェディングドレスをお願いしようと思ったんですよね。身長が高すぎるので最初から作らないといけないって言われて。

JK:それでどうしたの?

Li:仲良し6人組グループがいて、エミちゃんっていう女の子が2年前に結婚したときにプレゼントしたドレスなんです。サイズが全然入らなくて(^^;)だから私、2か月で9キロ痩せました!

JK:えっ、9キロも痩せられるの?!

Li:ちょっとややこしいんですけど、エミちゃんのスタイリストをやっているエマちゃんが、私にそのドレスをフィッティングして、「あー残念、8cmぐらい締まらない」って言われたんです。2か月で頑張ったらいけるかな、と思ったら、本当にいけた!・・・でも、本当は8cmじゃなくて15cmだったんです! エマちゃんが嘘ついて・・・15cmだったらLiLiCoは他のを買おうっていうかな、と読んで。

JK:ビデオで見せていただきました! もうすっごく素敵! 出水麻衣ちゃんもいてね。

Li:サプライズだったんですよ! まさかいらっしゃると思わなかったから。「世界ふしぎ発見!」のディレクターにも聞いてみたんですけど、「毎日ニュースがあるから無理」って言われてて。嘘つくのがうまいですね(笑)

出水:ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、LiLiCoさんは2017年、火曜グループ純烈のメンバーの小田井涼平さんと結婚されまして、去年7月にLiLiCoさんの故郷ストックホルムで結婚式を行った時に、私もサプライズで「世界ふしぎ発見!」のロケに参加させてもらった、というお話でした(^^)

JK:幸せそのものだったわね! 2人とも泣いちゃって。

Li:ドアが開いた瞬間に涙がでちゃって! 写真とかも全部泣いてた。

出水:ジャンジャジャジャーン、の時からでしたね(^^)それだけ温かい式だったんですよね。

Li:あそこでどうしてもやりたかったんです。1200年代に建てられたスウェーデンの木造の教会で、焼杉の香りがして・・・牧師さんも、男女平等のスウェーデンなので女性の牧師さん。

JK:スウェーデン語で結婚の誓いの言葉! 彼は可哀そうね(^^)

Li:そう! 何回も練習した(笑)スウェーデンでやるから、そこだけはちゃんとやりましょうって。あとは私が全部やるから、そこだけ覚えるのがあなたの仕事です、って(笑)

JK:難しいでしょ、スウェーデン語って。

Li:スウェーデン語はカタカナにできない言語なのでね。スペイン語はカタカナのままなので日本人も上手にしゃべれるんですけど、スウェーデン語はカタカナにして読んでも、スウェーデン人にはまったく分からない。

JK:私もスウェーデン大使館と仲が良いのよ。スウェーデン人の女性でエヴァ・クミンさんっていう人がいてね・・・

Li:知ってます! あの人がいたときが一番日本でスウェーデンが輝いてた! 大使でもなんでもないご婦人なんですよね。

JK:いかにもスウェーデン女性って感じで、本当に積極的で。私も何度駆り出されたことか! スウェーデン大使館の地下にプールがあるでしょう? そこに板を浮かせて、ファッションショウやったのよ! やり手よね。

Li:うわ~あ! あの人、どうにかしてまた日本に戻ってこないかなー。

JK:うちに呼んでお好み焼き食べさせたこともあるのよ。「もう日本に5年もいたのに、こんな美味しいもの食べたことない」って言い出してね。それで彼女がスウェーデンに帰った後、彼女の友人の建築家が日本に来て「エヴァから聞いたんだけど、あのお好み焼きが食べたい」って言うの! 私、お好み焼き屋さんじゃないのよ(笑)それがご縁で、私もスウェーデンに行ったの。

Li:やったぁ! 嬉しいですね! なかなかスウェーデンに行ったことがある人っていないじゃない? ラッキーLiLiCo(^^)

JK:根本的にエヴァ・クミンなのよ。たった1人の女性に会ったことで、スウェーデンとは親戚みたいになっちゃって。すごく熱心じゃない? デザインについて熱いものがあるでしょう? インテリアもそうだし、ファッションも。私もファッションショウをやるつもりでストックホルムに行ったんだけど・・・ノーベル賞の金キラキンのゴールデンルームとかね。

Li:すっごいブサイクな女神が壁に飾ってあるんですよね! あれって披露するときに布がかかってるじゃない? 「どうぞご覧ください!」って布を取った時に、みんな固まるっていう(笑)

JK:ここはぜひ見てほしいって言われたのが、1600年ぐらいの、バルト海峡の船。

Li:ヴァーサ号ですね! 1960年代に引き揚げられたんです。今は素敵な博物館になってるんですけど、私が子供のころは遠足で必ず行くことになってて。昔は別のところにあったんです。まだ穴だらけだったんですよ。ちょっとずつ引き揚げててたから。

JK:出港して、100mぐらい進んで、目の前で沈没しちゃったのよね。

Li:そう、重すぎちゃって。でもあの時代は、引き揚げる技術がなかったので300年ぐらいそのまま水中に・・・でもそのおかげですかね、木とかが濡れたままできれいに残っているんです。

JK:それからエヴァに言われて・・・ここの美術館の名前がまるで覚えられない(^^;)

Li:ヴァルデマーシュッデミュージアムですね。ストックホルムの郊外にある美術館。

JK:それでこれが私がデザインしたベンチ。各デザイナーがベンチっていうテーマでデザインしてね。1998年のことだから、まだあるかしらね? あれ以来行ってないから。

Li:今度行ったとき、見てきます! でもスウェーデンは、家具、服、ガラス、インテリアからちょっとしたモニュメントまで・・・冬が長いから、どうやって家の中で快適に過ごせるかってことばかり考えてるんです。誰かの家にお邪魔したら、まずお部屋を全部案内する。日本だと開かずの間とかあるじゃないですか? この部屋は段ボールがすごいから絶対見せたくないとか(笑)でもスウェーデンはベッドルームまで見せる! これはどこどこのもの、とかいう自慢があって、そこから会話が生まれたり。料理のお皿とかもね。

JK:家を大切にして、そこから交流があるわけね。それって家が美しくなるわよね。自分1人だと片付けなくても別に怒られないけど、誰か来るってなると急に片付けるじゃない? 1年の半分ぐらい家の中だとすると、そりゃあやっぱり気を配るよね。

Li:そうなんですよ。私もけっこうホームパーティをやります。料理があんまり上手じゃないので、雰囲気だけ(^^;)お皿とかペーパーナプキンとかでごまかして、いっぱい飲ませて美味しく感じさせます(^^)すごく素敵なインテリアだったね、っていうのだけ覚えてくれればいいのよ!

出水:ははは(^o^)旦那様の小田井さんのコレクション類も一画にありましたね。

Li:フィギュアが大好きで・・・スターウォーズと仮面ライダーとガンダムだらけなんです。どんどん入口から占領してきて、こないだは私のおしゃれなキャンドルの間にバットマンが立ってました!暗かったから最初わかんなかったんですけど。

JK:結構大きいんでしょう?

Li:そうですね、1/7という30cmぐらいの超リアルなもの。それを着せ替えするんですよ。私たちでいうところのバービー人形みたいな。アイアンマンが次の日は飛んでたりするんです。静かだな~と思うと、ディスプレイの棚で一生懸命ゴソゴソやってるんです。あとはレゴとかも。

出水:少年みた~い!

Li:朝ごはんも毎日コーヒー出すんですけど、必ずスターウォーズのスタートゥルーパーかガンダムのマグカップに淹れます。じゃないと仕事に行く気がしないらしい(笑)

JK:でもわかりやすいわね(^^)何にもなくてぼうっとしてるよりは、やることあるんだから! 犬とか猫よりよっぽどいいんじゃない?

出水:ジュンコさん、大人の男性を何と比べてるんですか! でもスウェーデンにはフィーカっていうコーヒータイムの習慣があるんですよね。

Li:そうなんです。フィーカはとってもいい文化。日本にも昭和の時代に飲みニュケーションっていう文化がありましたけど。

JK:お茶しましょ、って感じでしょ? 時間は関係ないの?

Li:関係ないです。会社に出勤して、10時ぐらいにお茶。でランチして、3時ぐらいにまたお茶して。だからストックホルムはカフェだらけ。世界でも3位ぐらいにコーヒーを飲む国民なんです。スウェーデンってITの国なので、ずっとコンピュータばかりでもよくないので、人の顔を見てフィーカを楽しみましょう、っていうのもあるんです。「いいですね」っていう文字と「いいですね」って言うのとは違うのでね。やっぱり日本もコミュニケーション不足じゃないですか。だいたい「検討します」って言って終わっちゃうし。

JK:老後の対策も完璧だものね。

Li:老人ホームに入ったとしても、そこで何ができるか。そこで終わりじゃなくてね。だから恋愛関係とか、三角関係とかもあります(笑)

=OA楽曲=

M1. ホット・スタッフ /  パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ & LiLiCo

「コシノジュンコ MASACA」
TBSラジオで、毎週日曜17:00-17:30放送中です。ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。