お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

エンタメの多様性。「バリアフリー演劇」をラジオで実演【聴く演劇】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。3月18日は…「演劇の多様性は、今ここまで来ている!  “バリアフリー演劇”ってどんなもの? 特集」

    

演劇業界の多様性についてたびたび取り上げてきた当番組。この日は18時台に「バリアフリー演劇」について解説いただいたのち、20時台に、音声ガイドと手話通訳の付いたバリアフリー用の短編演劇『メゾン』を、TBSラジオの第6スタジオで俳優さんに音声ガイド付きで上演していただく実演編でした!

上演後には、この短編の脚本を手がけ、舞台では手話通訳も務める劇作家の米内山陽子さん、生で音声ガイドをつける「バリアフリー活弁士」の檀鼓太郎さんにお話を伺いました。

出演していただいた役者の皆さんは…息子役の赤澤涼太さん、母親役は田中千佳子さん、父親役は森尾繁弘さんでした。

 

TBSラジオ『アフター6ジャンクション』は月~金18:00~21:00生放送。
FM90.5MHz、AM954kHz、PCやスマホならradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■番組メールアドレス:utamaru@tbs.co.jp
■番組公式twitter: @after6junction
■Instagram:after6junction
■参考:前身番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」HP