お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」〜学芸大学「一花星(いちばんぼし)」生銀ダラの最強漬け炙りの握り〜

伊集院光とらじおと

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」

『伊集院光とらじおと』(月〜木 朝8時30分)内の毎週木曜日10時40分頃から放送。美味しいと評判のお店のシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールが、その味を試食。さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

今回は、学芸大学「一花星(いちばんぼし)」の「生銀ダラの最強漬け炙りの握り」

伊集院光とらじおとゲストと0319
この「生銀ダラの最強漬け炙りの握り」は、完全なオリジナルの「お寿司」です。元々、「生銀ダラ」を使ったお寿司を色々考えていたのですが、「生銀ダラ」は、足の早い魚なので、扱いが難しい事と、生だと、ちょっと脂が強すぎて、しっくりこなかったそうです。でも、せっかくの「生銀ダラ」を、普通に焼いてしまったら意味が無い。だったら、一度、味噌に漬け込んで、少し脂を抜いてから握って、仕上げに軽く炙ってみようと考え、やってみたら、うまくいったそうです。もちろん、漬け込んでいる味噌もオリジナルの「味噌」。なので、最も強いと書いて「最強味噌」にしているそうです。味噌の特徴は、甘みを少し強くして、醤油などの塩気を使っていないそうです。魚の旬があるので、3月終わりから4月頭ぐらいまでは食べられます。ただ、メニューの引き出しは、まだまだ、たくさんあるので、季節によって、新たに「珍しいネタ」が食べられるかもしれません。

●「シェフがオススメするお店」で有名なグルメサイト「ヒトサラ」からの情報●

今回、ヒトサラ編集部の一押しは、知る人ぞ知る裏メニュー『北海いきなりいなり』です! 海の幸のゴールデントリオ、ウニ、イクラ、カニが、いなり寿司に、溢れんばかりに入っている贅沢な一品です。もはや油揚げの姿は、ほぼ見えず、具材のボリューム感にびっくりしますが、甘味のある油揚げで、海鮮を包んで食べることで、おいしさが増します。お酒のつまみとしても人気だそうです!メニューには載っていませんが、大将に言っていただければ注文可能ですので、気になる方は、ぜひ注文してみて下さい! 【一花星(いちばんぼし)】さんは、学芸大学駅から徒歩2分です。

さらに、現在、「ヒトサラ」さんのWEBサイトで、お店の雰囲気や、その他のオススメお料理、取材の模様なども見ることができます。詳しくは、こちらから、https://hitosara.com/es/chefsrec/chefchef39/

学芸大学「一花星」

営業時間:水曜~月曜17:00~26:00 火曜17:00~24:00
定休日:水曜日

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」03月19日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200319104239

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ピックアップ