お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

伊集院光とらじおとゆでたまごの嶋田隆司と。「子供から、ゆでたまご、お前たち最近、面白くないんだよ!って言われた。」2020年3月16日(月)放送

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストは、漫画家ユニット・ゆでたまごの嶋田隆司さんでした。

伊集院光とらじおとゲストと0316

小学生の頃から「キン肉マン」を書いていたという、ゆでたまごの嶋田隆司先生。コンビでもある中井先生とは小学生の頃に出会い、2人で、それぞれ漫画を描き学校内で人気を争っていたそうです。その後、中学生の時に、藤子不二雄先生に憧れ、合作に挑戦したのが、ゆでたまごがスタートしたキッカケだそうです。高校生の頃には漫画家になれる!と思っていたそうです。そして、「キン肉マン」の連載がスタートした当時は、なんと18歳!デビュー作から大ヒットという華々しいスタートをきったゆでたまご先生。しかし「キン肉マン」が終わった後は色々な漫画を書いてもなかなか人気が出なかったそうです。

伊集院光とらじおとゲストと0316

なかなかヒットに恵まれなかった時代には、街を歩いていたら、子供から頭を叩かれ、「ゆでたまご、お前たち最近、面白くないんだよ!」と言われたそうです。それが悔しくて、ジャンプから飛び出し、他のところで漫画を描くが、人気はあったが大ヒットには恵まれなかったそうです。そんな時、「週刊プレイボーイ」から「キン肉マンの息子を書いてくれませんか?」と言われ、読み切りで書いてみると、週刊プレイボーイが即日完売!ゆでたまごのお二人は、涙を流して喜んだそうです。その後、連載がスタートしたそうです。

伊集院光とらじおとゲストと 2020年3月16日(月)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=202003161000000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)