お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

骨太のドキュメンタリー映画、間もなく公開 映画監督の豊島圭介さん 有馬隼人とらじおと山瀬まみと

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

3月6日は、映画監督の豊島圭介さんをお迎えしました。

豊島圭介さんは、静岡県出身の48歳。東京大学在学中に撮影した自主映画が「ぴあフィルムフェスティバル94」に入選したことをきっかけに映画監督を志し、2003年にドラマ「怪談新耳袋」で監督としてデビュー。それ以降、ヒット映画「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」「花宵道中」「ヒーローマニア  生活」、テレビドラマ「マジすか学園」「豆腐プロレス」など、ホラーから恋愛まで幅広い作品でメガホンを取っています。

豊島さんは、20日公開のドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘~50年目の真実~」の監督を務めていらっしゃいます。この映画は、TBS報道局が制作に関わっていることから、番組のコメンテーター、TBS報道局の斎藤泉解説委員にも加わってもらいました。

豊島さんが手がけたテレビドラマを有馬隼人がよく見ていたとのことで、その話題で盛り上がったり、アカデミー賞に輝いた映画「パラサイト 半地下の家族」についての豊島さんの評価も伺いました。

豊島圭介さんが監督を務めた映画「三島由紀夫VS東大全共闘~50年目の真実~」は、三島由紀夫さんの自決の1年前に開かれた「伝説の討論会」を、13人の証言者とともに紐解く骨太のドキュメンタリーです。TBSだけが保管する貴重なこの討論会の映像を「大きなスクリーンで観てもらいたい」というプロデューサー陣の想いから映画化が実現、豊島さんがメガホンをとりました。

映画「三島由紀夫VS東大全共闘~50年目の真実~」は、3月20日・金曜日、公開です。TOHOシネマズシャンテ、TOHOシネマズ新宿、キノ・シネマ 横浜みなとみらい、TOHOシネマズ川崎、TOHOシネマズ流山おおたかの森、MOVIXさいたま ほか、全国の映画館で上映されます。
詳しくは映画のホームページをご覧ください。
https://gaga.ne.jp/mishimatodai/

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年3月6日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200306100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)