お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


3月15日(日)「開業した高輪ゲートウェイ駅の陰で消えゆくトンネル」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!
放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲高輪橋架道橋!

3月15日(日)の放送では、昨日開業した「高輪ゲートウェイ駅」ではなく高輪橋架道橋に行ってきました。

▲昨日開業した高輪ゲートウェイ駅!!


高輪ゲートウェイ駅は、山手線では49年ぶりに出来た30番目の駅で(京浜東北線では20年ぶり47番目)、隈研吾さんデザインの駅舎や最新のIT技術を導入することが話題です。

▲にぎわうおばけトンネル。


高輪ゲートウェイ駅の出口は第一京浜の通る泉岳寺側にあるのですが、海の方、芝浦側へ抜ける道はこの高輪橋架道橋しかありません。別名「おばけトンネル」と呼ばれています。

▲タクシーの提灯が殺されるトンネル・・・


ほかにも提灯殺し首曲がりのトンネルとも。

▲157cmの私でも届く天井。なんか嬉しい。


とにかく高さが低い!のです。全長230mあって、高さが1.7mほどしかありません。明治5年に出来たのですが、昔は排水路だったらしく、水の音もチョロチョロ・・・真上には山手線・京浜東北線・東海道線・東海道新幹線が通り、電車が通ると頭のすぐ上で轟音が響きます・・・

▲まさに首曲がりのトンネル・・・


低い天井、道幅も狭く薄暗いです。明かりは点いていますが黄色っぽい光でこれまたちょっと怖い。このトンネル、高輪ゲートウェイ駅周辺の開発により、4月12日に車両通行止めになるんです。車が再び通れるようになるのは12年後!2032年の予定です。電車が上をひっきりなしに通るので、工事が深夜にしかできないためこんなにかかるようです。

▲みなさん屈んでいます。


海側へ抜ける出口では、「首が痛い」「腰が痛い」という声があちらこちらから聞こえてきました。地元の人でしょうかこのトンネルにこんなに人がいるの?!と驚いていました。やはり駅が出来た裏で消えゆくトンネルを一度歩いておこうという人が多いみたいですね。

▲ここが一番低いぞ!


出口はさらに天井が低い。測ってみると・・・

▲165cm


これだけ低いと自転車で通る人も大変だろうと思ったら、意外と皆さん降りないで走っていきます。見ていたら、そこまで速度は出ていないのに、前に身を屈めて漕ぐので謎の疾走感。

▲颯爽と駆け抜ける。


もちろん車も大変です。出口にはおそらくぶつけて出来たであろう傷がありました。

▲傷が出来ては色を塗ってきたのでしょう。


出口は少し坂になっているので、さらに車の上をぶつけるリスクがっ。そう、ここはタクシーの提灯殺しと呼ばれているのです。タクシーが通るたびにハラハラしながら見ていました。

▲だいじょ~うぶ!

提灯を壊すリスクがあってもここを通るのには理由があります。品川駅(特に新幹線口)に行くのに良い!また、他の道からグルっとまわると料金が全然違うからお客さんに文句を言われてしまうそうです。もうすぐ通れなくなるのは困ると言っていました。この道を通るために、東京無線タクシー提灯の上をカットしたそうです。(今は昔よりも一回り小さな提灯を載せているので△三角の形です。)

▲噂の東京無線のタクシーが通った!


車はまもなく通れなくなりますが、新しいトンネルは泉岳寺側からも海側からも行き来が出来る両方から通れるようになります。天井も2.5m以上に。

▲提灯コレクション


今の一方通行、そして轟音とスリルを味わいたい方は4月12日までにぜひ・・・歩行者は2026年まで、このまま同じトンネルを歩けます。