お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

大相撲春場所、無観客だからこその楽しみ方【長峰親方の大相撲解説】

ジェーン・スー 生活は踊る

TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」。3/12の放送より

新型コロナウイルスの感染拡大が収束する気配のない中、大相撲春場所は「無観客」で行われています。相撲を見守り続けて約53年の長峰親方ことTBS長峰由紀アナウンサーに、春場所4日までの状況を振り返ってもらいました。

無観客の大相撲春場所に無いものとは?

無観客の影響で普段ならあるはずの鮮やかな「のぼり」、入場券やお弁当など飲食の手配を引き受ける「相撲茶屋」、おみやげの販売は今回ありません。力士が口をすすいで身を清めるための「力水」も今回はフリだけのエア力水となっています。そして応援という最高の効果音もありません。しかしそれによって柏手、行事の声、呼び出しのこえ、ぶつかり合う音、息、うめき声などなど、聞こえないものが聞こえ、見えないものが浮かび上がってきます。

無観客で実況の音も聞こえてしまう?!

あまりに静かすぎて実況ブースの音も会場で聞こえてしまうのではないか・・・という点については、初日に実況を担当したTBS新タ悦男アナウンサーから話を聞きました。通常、実況席は窓が開いている状況ですが、無観客の今場所ではアクリル板パネルがはめられ、声がなるべく届かないような工夫がされているそうです。それにより相撲だけが持つ姿、例えば儀式とか所作というものが静けさの中でいつもより際立って見えてきますし、審判員の袴が衣擦れする音も聞こえてきます。新タさんも「ああ相撲って神事なんだと改めて思った」とおっしゃっていました。

放送を見ていて「あれ?」と感じたのは、やっぱり土俵入りの歓声がないこと。歓声によって「時間いっぱい」がわかっていたということにも気づきました。

相撲とお客と自由

相撲は人に見せて人に楽しんでもらうっていうことのために発展してきたものだと思っている長峰さんならではの相撲とお客の関係についても話してくれました。テーマは「自由」。

【観戦スタイルが自由】
お弁当を広げてお酒飲んでおじさんはあぐらかいておしゃべりに夢中。その横で子供は昼寝。こんな自由な観戦スタイルができるのは枡席ならでは。

【応援の仕方が自由】
みんなでバラバラに好きな時に好きな力士を好きな声のかけ方で応援できる、このバラバラが大好きなところ。ただ最近は手拍子のコールをすることがあります。例えば先場所の遠藤と白鵬の取り組み後に「遠藤コール」が起きました。これは相撲にはそぐわないと思います。なぜなら1対1、相手への礼儀を何より大事にするのが相撲です。負けた相手への圧力になるのはそぐわないと思います。自由な一方で黙るときは黙る。立会いは静かに。その代わり横綱土俵入りのよいしょは一緒。こういう暗黙の了解があるのも相撲ならでは。

それと観客の声援っていうのは相撲に影響するものなのかというと、大きく影響すると思います。例えば小兵力士は観客の声援で押してもらっていい取り組みをするというタイプ。先場所の優勝した徳勝龍も、当初は大きな声援ではなかったものの、どんどん声援が増え、勢いにのって優勝しました。そうという意味でも声援は大きな影響を与えると思います。

【世代が自由】
大相撲のお客さんは世代のるつぼ。腰の曲がったおじいさんから、這うようにして席に付いてるおばあさん、生まれたばかりの赤ちゃんもいます。老若男女が楽しめます。

座布団は投げないで

相撲でよく見る座布団投げ。あれはすごい遠心力と加速度を持ってぶつるので本当に危険。「相撲の花」とか言われて楽しい場面でもあるんだけど、座布団は投げないで欲しい。ちなみに11月場所の座敷の座布団は繋がっていて投げられないようになっています。

春場所、長峰さん注目の力士


■関脇・朝乃山・・・4連勝で安定感抜群。自分の型を持っているのでその型になれば強さは抜群。なれなかったとしても作戦を柔軟に変えられるようになってきました。この状態を保てばかなりいいと思います。

■前頭十一枚目・照強・・・大量の塩まきでお客がどっと沸きますが、今場所は声援で背中を押されてない。2勝2敗。本人も「自分は気持ちで取るタイプなので」と言っているので、なにかしっくりきていない状況。

■前頭四枚目・炎鵬・・・人気ナンバー1。「何のために相撲取ってるかわからない」と初日に言って負けていた。また、みんながの炎鵬の取り方を研究してきてる。正面から捉えてがっちり捕まえると動けなくなります。ここが正念場です。

■前頭十二枚目・石浦・・・4連勝。素晴らしい落ち着いています。

■前頭三枚目・御嶽海・・・天才で予想が出来ない人。今場所はねみんなが戸惑っている中「じゃあそろそろやるか」という感じで淡々と土俵に上がって強さを見せつけて淡々と去っていく…俺流です。

春場所は御岳海と朝乃山、この二人に横綱・白鵬がどう絡んでくるか注目してみてください!

初の番組本『生活が踊る歌 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』が発売中

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-