お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

家族や友人たちと楽しく学べる「防災ゲーム」を紹介

ACTION

3月11日(水)のACTIONのタネのテーマは「防災ゲーム」です。東日本大震災から9年が経ちますが、近年台風や集中豪雨などの災害も増加傾向にあります。今日は家族や友人たちと楽しく防災が学べるゲームを一般社団法人防災教育普及協会 教育事業部長の宮崎賢哉さんからDJ松永さんが伺います。

宮崎:まずは「なまずの学校」というNPO法人が作っている、紙芝居型の防災ゲームですね。今僕は紙芝居の絵をお見せしています。今この絵は、「地震によってあちこちの建物が壊れ、町中ホコリでいっぱいです。ホコリで目や喉を痛めてしまわないようにするのに、役立ちそうな道具を出してください」という問題があります。今、みなさんの目の前にカードがたくさんあります。これは実際にプレイヤーになる人たちの手元に配られるんですね。このカードの中から1枚選んで場に出していただけたらと思います。

松永:なるほど、この状況に一番必要なものを選ぶんですね。手元には、「ガーゼ・包帯」、「三角巾」、「ポリ袋」、「軍手」、「タオル」、「大判のハンカチ」、「ガムテープ」というカードがありますね。どれかな〜。地震で町がホコリまみれなんですね。ホコリが舞っているから…口は布とかで押さえたほうがいいよな。

幸坂:1枚だけ選べるんですよね?

宮崎:1枚だけ選べます、それによってポイントがつきます。

松永:じゃあ、「三角巾」かな。

幸坂:私は「大判のハンカチ」で。

宮崎:では答え合わせです。松永さんが選んだ「三角巾」は70ナマーズ(ゲームでのポイント)です。

松永:私は70ナマーズ獲得です!

宮崎:答えを説明しますね。「大きめの布はマスク代わりになりますが、三角巾はすぐ手に入るものではないので、点数が低いです」普段持ち歩いているものではないですからね。

松永:確かに、おっしゃる通りです…(笑)

宮崎:「骨折の手当など様々な場面で役に立つので救急ボックスに入れておきましょう」とのことです。「大判ハンカチ」は90ナマーズです!

幸坂:イエ〜イ!

宮崎:「大きめのハンカチは三角形に折って口の周りに巻けばマスクの代わりになります。普段持ち歩くハンカチを大きなものにしておくと、とても役立ちます」と。

松永:なるほど、実用性もあるし持ち歩きしやすいですもんね。

楽しく防災を学びましょう。ACTIONのタネ全編はradikoのタイムフリーで。

3月11日(水)のACTIONのタネを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200311160000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)