お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

伊集院光とらじおと三井康浩と。「スコアラーの仕事は負けない事です!」2020年3月9日(月)放送

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストは、元・読売ジャイアンツ・スコアラーの三井康浩さんでした。

伊集院光とらじおとゲストと0309

強打の外野手として、読売ジャイアンツに入団した三井さんですが、腎臓の病気を患いドクターストップがかかり選手を引退されます。しかし、その後、二軍のマネージャーを1年間務めたところで、スコアラーとして声がかかり、スコアラー人生がスタートします。長嶋茂雄監督や原監督など多くの監督の下で結果を出し、一軍のベンチスコアラーとして、国民的行事と呼ばれた、10・8の中日との決戦では、試合前のミーティングを任されるなど、監督はもちろん、チームからも信頼される存在になりました。スコアラーは、試合のスコアを書くだけでなく、対戦相手のスコアや選手の調子や癖、またキャッチャーの配球など、全ての事を調べてデータにするそうです。その為、スコアラーとしての喜びは、「試合に負けない事!」だそうです。さらに、三井さんは、松井秀喜選手から、バッティングの指導をお願いされるなど、技術的な事でもアドバイスをおくる存在になったそうです。

伊集院光とらじおとゲストと0309

その後、ジャイアッツでフロントを務めたのですが、2009年の第二回WBCでは、日本代表チームのチーフスコアラーに就任し、世界一へ貢献しました。宿敵・韓国との決勝戦では、勝ち越し打を決めたイチロー選手に「どの球を狙ったらよいですか?」と聞かれ「シンカーを狙っていこう!」と助言。イチロー選手は、そのシンカーを見事、センター前にヒットを放ち勝ち越し、日本代表は、二度目の世界一に輝きました!

伊集院光とらじおとゲストと 2020年3月09日(月)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=202003091000000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)