お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

原発事故から9年。常磐線の全線開通で、福島の浜通りは変わるのか

スペシャルプログラム

JR小高駅(撮影・崎山)

JR浪江駅(撮影・崎山)

 進行:松尾英里子
 取材報告:崎山敏也
 解説:藻谷浩介

JR常磐線の浪江~富岡間が3月14日(土)に運転を再開します。
東京電力福島第一原発事故から9年が経ち、これで常磐線が全線再開したことになります。
ただ避難指示が出ている「帰還困難区域」が残り、まだ4万人以上が避難する地域に鉄道というインフラが復活することになります。
通勤通学や、高齢者の買い物の足であると共に、観光で訪れる人、首都圏や仙台への足となるのが常磐線。
この地域の復興、活性化にどうつながるのか、TBSラジオの崎山敏也記者の、現地取材音声を交えたリポートを聞きながら、日本総研主任研究員の藻谷浩介さんと一緒に考えます。

松尾英里子

藻谷浩介

崎山敏也

崎山敏也

3月15日(日)12から取材報告を是非お聴きください!