お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年3月8日「ミラクル・サイクル・ライフ」<走るイラストレーター・岩本陽子さんをお迎えしました>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

「走るイラストレーター」こと、岩本陽子さんをお迎えしました。
静岡県にお住まい。ゆるキャラをはじめ、行政の広報デザイン、商業デザインを数多く手がけられ、静岡県内外で個展を開かれています。
そんな岩本さんの自転車との出会いは運命的と呼べるものでした。
時は2003年。場所は語学留学で訪れたパリ。
ある日、シャンゼリゼ通りを散歩していたら背後からドドドド…という轟音が響いたそうです。「装甲車でも走っているのかな?」驚いて振り返ったところ、白い煙とともに自転車に乗った数百人規模の大集団が近寄って来て、やがて追い越していったそうです。
「一体なんですか!?」と周囲に尋ねたところ、ツール・ド・フランスの100周年を記念したパレードであることがわかったそうです。
一般のサイクリストがツール・ド・フランスのコースを体験する趣旨のイベント。
小さな子どもからお年寄りまで、様々な年代の方がイキイキとした様子で自転車で走る姿に感動を覚えたのだそうです。
その当時、自転車にまったく関心を寄せていなかったのですが、すっかり心が動かされ、帰国後にさっそくリサーチ。
あるとき、ロードバイクに試乗したところ、体と一体化するその魅力にどっぷりハマり、プジョーのアルミ製ロードバイクをゲットしたそうです。
その乗り心地があまりに素晴らしく、10年以上が過ぎた今も一途に愛用。
また、サイクルライフを始めたことがご自身の作風や作画のアプローチを変えたと語ります。
なんでも、車と違って自転車だと気になった景色を目にしたらすぐに立ち止まれる。その光景を五感で感じることができるため、頭の中に入ってくるのだとか。
このようにイラストレーターならではの視点で自転車の魅力を語ってくれました。

疋田さんが岩本さんのスケッチ講座に参加して書いたものがこちら。

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!