お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

情報発信、交流の場、そして地域の活性化につなげる、埼玉県川口市のブックカフェ

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは・・・情報発信、交流の場、そして地域の活性化につなげる、埼玉県川口市のブックカフェ

 

担当:崎山敏也

 

2018年の7月、埼玉県川口市の商店街の空き店舗にブックカフェが誕生しました。JR京浜東北線の蕨駅の近く、芝銀座通りにある「Antenna Books & Cafe ココシバ」です。2月22日、「はからないこねないまるめない 世界一自由で簡単なパンのつくりかた」(ぶなのもり)という本が増刷されたということで、取材に行ってきました。

著者の根岸ひとみさんは、東京・北区でカフェを開いていて、自分の作ったパンももちろん出しています。そして、根岸さんはココシバの近く、蕨市の音楽教室でピアノを習っていて、この日は同じ音楽教室でウクレレを習う人も加えたバンドで、本棚を背に、様々な歌や曲を披露しました。

お客さんの机の上には、根岸さんが作ったパンに、中近東の料理「フムス」や様々なつまみ、ひよこ豆のスープが並び、蕨市内の酒屋さんがワインを提供しました。

「パンとワインとウクレレと」と題した増刷記念イベント。お客さんからは「パンおいしい」「このつまみも」という声や、誘われて初めて来た人もいたようで、「ココシバでは本を買ったり、お茶を飲んだりできるんですよ」と説明されている人もいました。

ココシバの共同経営者の一人、小倉美保さん(左)と、パン作りの本の著者、根岸ひとみさん(右)

イベントが終わると、ココシバはブックカフェに戻ると共に、「にじシバ」が始まりました。LGBTを含む性的マイノリティーの人たちが気軽に集まれる交流会です。

「Antenna Books & Cafeココシバ」は、根岸さんの本を出した地元の出版社「ぶなのもり」を経営する小倉美保さんと、仕事をしながら、地元で手作りのものを出店するマーケットを開いていた吉松さん夫妻、3人の共同経営です。本を買ったり、お茶はもちろんですが、川口市内に多く住む難民のクルド人の子供に日本語を教える「クルド寺子屋」やクルド人の出身地の手芸を教える教室、そして「にじシバ」のように定期的に開かれるものから、落語の会に音楽ライブ、映画の上映会、出版の記念会、本の著者のトークショーなど様々なイベントが開かれています。

オープンして1年半。小倉さんは「昔の店の機能ですよね。それだったら、あの人が知っていると思う、とか、あの人とは一緒にやったことある、とか店を利用したら、うまく自分たちのやりたいこととか思いもつなげられるんじゃないかと思う人が 手伝ってくれればいいと思うし、たまにお茶を飲みに来てくれるのも、お客さんとしてありがたいわけです。それに店を手伝ってくれる人とか、ここでイベントをやってくれる人もありがたいです。そういう感じで回せればいいなあと思っているんです」と話します。

ココシバに並ぶ本は、普通の流通には乗りにくいけど、編集者の熱意が感じられる小さな出版社の本ばかり、100社、1500タイトルです。小倉さんは「アンテナとつたんですけど、名前の通りにだいたい店はなりますよね。名前があって、店がその名前に寄っていった感じですかね。普段はなかなか書店で手に入らないタイプの小さな出版社の本だから、本を作る側の人間として、アンテナショップ的に使ってもらえたらいいなあという風に思って始めたことなんですけど、名前をつけたら、逆にアンテナの情報発信の意味のほうが力を発揮してきたという感じですね」と話します。「パンとワインとウクレレ」のイベントの時も、店の外にもれてくる音楽を聴いて、近所の人が「何やってんの?」とのぞき込んできまして、この日は時間がなかったようですが、「また来るよ」と話して去っていきました。

「はからないこねないまるめない 世界一自由で簡単なパンのつくりかた」

ココシバのある芝銀座通りは、シャッターが下りたままの店が目立ちますが、閉店している店の軒先を借りて、手作りのものを売るマーケットを開いたり、商店主の集まりの場として提供するなど、商店街、地域の活性化に向けても動き出したところです。本を買うも読むもよし、お茶を飲むもよし、そこからさまざまな人の交流やイベントが生まれ、情報発信と共に、地域を元気にしようという場になっています。

 

「Antenna Books & Cafe ココシバ」(埼玉県川口市芝):https://www.facebook.com/cocoshiba5513/

「はからないこねないまるめない」の著者、根岸ひとみさんが開く「カフェ・ウィンド」(東京都北区王子本町:http://www.cafe-wind.com/ )