お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

妊娠・子育て中、不安に押しつぶされそうになった夜に。『SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談』を知っていますか?

ジェーン・スー 生活は踊る

2月21日(金)の「生活情報のコーナー」では、
熊本県の慈恵病院による、「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」を紹介しました。

妊娠・子育てについて悩みを抱えているみなさん、
ぜひ参考にしてみてください。

「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」とは?

熊本県にある慈恵病院が開設した、妊娠・育児にまつわるお悩みの相談窓口です。
慈恵病院といえば、何らかの事情で育てられない親御さん、
そして赤ちゃんを救うため、「こうのとりのゆりかご」を設置したことでも有名。

慈恵病院では、24時間・365日、
フリーダイヤルで、妊娠・出産にまつわる相談を受け付けています。
匿名性を大事にしているので、名前などの個人情報を告げる必要はありません。

開設当初の相談件数は、年間500件ほど。ところが今では、
北海道から沖縄まで、全国から年間6,000件以上の相談が寄せられており、
これまでに3万4,000件以上の相談に乗ってきたそうです。

電話をすると、どんな方が対応してくれるの?

 

看護師・保健師・社会福祉士、カウンセラーなど、
専門的な知識を持った相談員の皆さんが対応してくださいます。

妊娠や出産は本人だけの問題ではありません。
夫や恋人からはもちろん、娘さんやお孫さんのことで相談する年配の方も。

「子どもがあまりミルクを飲まない」「発育が気になる」など、
子育ての相談にも応じてくれるそうです。

遠方の場合、地元の自治体や適切な支援団体の窓口も教えてくれます。
自分がならなくても、家族や友人が抱えるかもしれないのが、妊娠や出産の悩み。
しかし、何かしてあげるのには難しい問題だったりもするので、
「妊娠相談」の存在を教えてあげるだけでも、手助けになるのかもしれません。

 

「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」の窓口は、⦅ 0120-783-449⦆。
どうぞおかけ間違いのないように、ご注意ください!

もっと詳しい情報を知りたいという方は、
SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」のホームページからどうぞ。

いま悩んでいる皆さんにお伝えしたいのは、
絶望する前に相談して、誰かに頼る勇気を持っていただきたい、ということ。
困っている方はぜひ、参考になさってください。

以上、番組からの「生活情報」でした。

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@seikatsu954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:seikatsu954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)