お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

伊集院光とらじおと北海道日本ハムファイターズと「もう1回、ファンがびっくりして楽しめるようなチームを作りたい」栗山英樹監督×斎藤佑樹投手×秋吉亮投手×横尾俊建選手 2020年2月18日(火)放送分

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストとは特別企画『北海道日本ハムファイターズ〜栗山英樹監督、斎藤佑樹投手、秋吉亮投手、横尾俊建選手』が登場!

栗山英樹監督

伊集院:野球を見ていないリスナーにも役立つ話を聞きたい。“育てながら”“勝つ”、そして“ファンに愛される“ってかなり難しい。どういうことを心がけている?

栗山監督:三位一体が1番いい。ただ去年みたいな状況だと、“勝ち”に心が引っ張られる。ただ10年たったら、オープナーの考えは日本に入ってくると思っていたので、正しいなら先にいくぞと思っていた。勝利との兼ね合いは難しいけど、最終的にオフのときに、「もう1回面白い野球を見せてやる」と自分の中で結論がついた。プロ野球に僕も憧れを持っていた。監督になったときにファンに愛されるチームにしたいと思っていたので、その原点に帰りたいと思った。勝たないと面白くないので、もう1回ファンがびっくりして楽しめるようなチームを作りたい。

斎藤佑樹投手

伊集院:ルーキーイヤーに戻りたい?それとも新しい自分に?
斎藤:欲を言えば、いいとこ取りをしたい。具体的には今、新しい球種「カーブ」を覚えているので、投球の幅を付けたい。
伊集院:31歳で新しい球種を覚えるのは大変?
斎藤:冒険。すごくいいか、悪いか、どっちかになるかと。
伊集院:なぜ、そういう気持ちになった?
斎藤:最後は楽しくやりたいと思った。

秋吉亮投手

伊集院:栗山監督からは、去年は無理させたけど、体調は大丈夫?
秋吉:去年53試合投げたが、、、全然、投げていない。もっと投げられる。今は、体調は万全。肉離れした足も大丈夫。
伊集院:目標は?
秋吉:チームとしては優勝、日本一。そうすれば、個人のタイトルもついてくる。

横尾俊建選手

伊集院:どの瞬間でホームランとわかる?
横尾:(左)足が地面についた瞬間。でも、去年はバッティングフォームを変えたこともあり、全然出来なかった。
伊集院:栗山監督は、小笠原コーチは横尾選手にとても合うと思うから。どうか聞いて欲しい。
横尾:(照れながら・・・)小笠原コーチはプロ入って一番いい。

小笠原道大ヘッドコーチ

伊集院:教えていて面白いのは?
小笠原:横尾選手は新しい感覚を掴んでいるので、実践が楽しみ。
伊集院:小笠原ヘッドと同じように打てるようになる?
小笠原:あの撃ち方は出来ないが、あのような感じは出来る。やったら三冠王に近づけるので頑張ってほしい。

伊集院光とらじおとゲストと 2020年2月18日(火)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=2012002181000000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)