お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ストレッチだけでY字バランスを完成させたい。

ジェーン・スー 生活は踊る

2020年1月14日(火)放送の「生活情報のコーナー」では、『カラダはどこまで柔らかくなるのか!?2週間、柔軟をやってみた』

1月14日の「スーさんコレいいよ」のコーナーで柔軟専門トレーナーの村山巧(たくみ)さんに「カラダが柔らかくなるストレッチ」を教えて頂きました。

そこで、ゴルフボールを踏んで、足の裏をグリグリして、体を柔らかくする方法を教えて頂きました。片方の足でゴルフボールを踏んで、痛みを感じるくらい足の裏を30秒間グリグリする。これをすると、足の裏の筋膜がリリースされて、体が柔らかくなるというもので、実際に足裏をグリグリする前と後で前屈の出来が全然違った!

わたし、すごく体が硬いので、どうにかしたい・・・。ということで、村山先生のご指導のもと、杉山真也「Y字バランス」を目指すことにしました!
2月3日月曜日、先生にTBSにお越し頂き、まずは初級編のレッスンを受けました。その様子を少しだけお聴きください。

↓↓↓↓↓レッスン中の様子はこちら↓↓↓↓↓↓

  

  

 

今回はY字バランスを目指す、ということで、Y字バランスに向けた体のストレッチを教わりました。Y字バランスと言っても股関節の柔軟性だけではなく、様々な部分の柔軟性を高めていかなければならないそう。

Y字バランスへの道

ふくらはぎのストレッチ

Y字バランスの時に、上げる方の足のふくらはぎを柔らかくすることで、足が上がりやすくなる。
フォームローラーというストレッチ用のポールを使う。高さ20センチくらいの円柱型で、外側に凸凹の突起がたくさんついている。このフォームローラーを床に座った状態で片足のふくらはぎの部分に当てて前後に動かしたり、足を内側、外側に動かして、ふくらはぎを柔らかくする。

体の側面=脇から脇腹にかけてのストレッチ

わきの下から脇腹の部分を柔らかくすることで、腕がしっかり上がるようになって、きれいなY字バランスになる。
これもフォームローラーを使って、わきから脇腹にかけて少しずつフォームローラーの位置を変えながら体を傾けていく、というもの。肋骨と筋肉を引きはがすイメージで行う。

今回、わたしはY字バランスを目的にストレッチを続けていますが、実は柔軟性を高めることによって、いろんな効果が期待できるそう。例えば、体の側面=脇から脇腹にかけてのストレッチを行うことで、腰痛の改善や、体を横に倒しやすくなったり、体がひねりやすくなったり。

みなさんもぜひ!