お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


金曜日恒例サラリーマンの声 あなたはどんな人が都知事になってほしいですか?

森本毅郎 スタンバイ!

森本毅郎・スタンバイ!ロゴ
忙しい朝でもニュースがわかる「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)
7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」
本日6月17日(金)は金曜日恒例のサラリーマンの声。レポーター近堂かおりが『どんな人が都知事になってほしい?』をテーマに街でお話を伺いました!

現場にアタック(近堂かおり)

現場にアタックレポーターの近堂かおり

ドナルド・トランプさんの不支持率が70%に達した、という報道が。これは出馬表明後では最高の数字だとか。10人中7人がトランプさんに否定的・・・スゴイですね。一方でヒラリー・クリントンさんを否定的に見ている人は55%。1984年以降、最も人気のない組み合わせの大統領選になるようです。都知事選もそうならないといいですね。そこで今日のテーマです。金曜日恒例のサラリーマンの声。「都知事選びのススメ!・あなたはどんな人が都知事になってほしいですか?」

結果は・・・やはり誠実クリーンが多くて、ついで脱・著名人となりました。
今回の舛添さんを見ている限りでは、とても誠実に対応しているとは思えなかったですし、クリーンに関しては、お金の問題が、猪瀬さん舛添さんと続きましたからね。皆さんもうんざりしている様子でした。また、知名度が高いばかりに、名前だけで当選してしまったら、また同じ過ちを繰り返す恐れがありますから、そういう人ではなく、普通の人がいい!という意見。その気持ちも分かりますが、果たして地味で目立たない人が選挙に勝てるのか??と聞かれたら・・・悩ましいですね。
さらにこんな声もありました。

★二の舞はゴメン!!

舛添さんとか、猪瀬さんの反対でいいんだよ。だってさ、やってたことが本当にセコイじゃん。あんまりにもさ、あれは東京のトップに立つ人のやることじゃない。
今からやる気ムンムンの人はやめたほうがいいと思う。やっぱり、やらせたいという人、我々がやらせたいと推す人が多い人のほうがいい。
第一印象が悪い人はダメ。顔も印象がいい、中身もいい。舛添さんも最初は悪くなかった。段々、貧乏顔になってきた。セコイ、銭ゲバみたいな顔になってきた、もう顔に出てるいやらしさが段々ね。
普通に常識のある人。常識といっても固まっているんじゃなくて常識を持っている人ね。常識で固まってる人は使い物にならないから、適度に常識が使える人かな。
私を捨てられる人がいいね。要するに公のために私を捨てられる人。前の方はあまりにも、私の度が強過ぎたね。

わたくしを捨てられる人・・・公私混同していましたからね。他にも、せこくない人、常識を持っている人、ヤル気ムンムンじゃない人。色々とありました。すべてを兼ね備えた人、とはいかないかもしれませんが、せめて2代続いた教訓を今度は活かして、2度あることは3度ある、にならないように。有権者がどのように見極めるのか、選ぶ側にも責任がありますね。

 

(取材・レポート:近堂かおり)


TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」は月~金6:30-8:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「 radiko 」でもお聞きいただけます!
番組へのメールは→ stand-by@tbs.co.jp