お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

木造高層ビルは「都市の貯木場」 腰原幹雄さん(東京大学生産技術研究所教授)

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
1月25日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、東京大学生産技術研究所教授・腰原幹雄(こしはら・みきお)さんをお迎えしました。

腰原さんは1968年、千葉県生まれ。東京大学工学部で建築を学び、大学院でも研究を続けながら、同時に設計事務所で7年間実務にあたりました。現在は東京大学生産技術研究所や、理事長を務めるNPO法人「team Timberize(チーム・ティンバライズ)」で、都市に木材を使ったホテルやマンション、商業施設など「木造の高層ビル」をつくることを提案しています。

20年前からずっと同じことを聞かれてます


「これから都市に木を使ってビルを建てよう。どういうお考えで、こういうことになるんですか?」(久米さん)

「それ、20年前ぐらいから同じことを聞かれて、だいぶ飽きてるんですけど(笑)」(腰原さん)

対談のお相手にはこれまで誰にも聞かれたことがないような質問をすることを信条としている久米さん。腰原さんにこう言われて動揺を隠せませんでした。木造高層ビルの話が一般の人にも知られるようになってきたのはつい最近のこと。木造高層ビルが注目されるようになるまでの流れはこうです。

日本では太平洋戦争からの復興期を迎えた1950年代以降、都市化が進んで大規模な多層・高層建築物が増えました。そしてそれらは鉄筋コンクリートや鉄骨でつくられるのが一般的になりました。木が使われるのは主に低層の住宅になっていきます。

そんな中で木造が注目されるのは1980年代。戦後の植林が進み、木材資源が豊富になってきたのです。木材加工技術も進歩し「大断面集成材」が登場します。集成材とは、小さく切り分けた木材を乾燥させて接着剤で組み合わせた人工木材のこと。中でも太いものを「大断面集成材」といいます。これは従来の木の柱より強度があって、耐火性もあります。大断面集成材の登場を受けて、1987年に建築基準法が改正。木造建築の高さ制限が緩和され、大断面集成材を使えばある程度の高さの建物を建築することが可能となったのです(高さ13mまたは軒高9m以上。3階建て程度の高さです)。当時のふるさと創生1億円事業(1988~89年)と相まって、地方都市に体育館や文化施設など大規模な木造建築が次々とつくられました。腰原さんが東京大学工学部建築学科に進んだのは、まさにこの木造ブームの時代でした。ただしこのときの木造は〝平面的〟には大規模であっても、高層・多層ではありませんでした。

再び木造建築が活気づくきっかけは2000年の建築基準法改正。必要な性能を満たせばどんな建物でも(高層ビルでも)木でつくることが可能になったのです。この法改正を受けて、研究者たちの間で耐火性や強度をアップさせた木材の技術開発が盛んになりました。2010年頃になると研究者だけでなく竹中工務店をはじめ民間企業が木造高層ビルに取り組む動きが出てきました。そして去年あたりから一般の人たちにも注目されるようになってきました。

なぜいま木造高層ビルなのか


「山の木というものは大きくなればなるほどいいというもんじゃなくて、切り頃というものがあるんですか」(久米さん)

「ひとつは、使い勝手のいい太さまで育てましょうという話と、もうひとつは、山の役割としては光合成があるわけですよね。二酸化炭素を吸って酸素を出すというのは生物活動なので、若い木のほうが元気に活動するわけです。使い勝手のいい木と森林の活性化という意味では、ある時期に切ってあげて更新することが重要になるんです。都市にいる人というのは、日本の山がどうなっているか知らないですよね?」(腰原さん)

「たまに飛行機に乗ると驚くんです。日本列島の上を飛ぶと、ほとんど森です。こんなに森が多い国なのかと思いますよね」(久米さん)

「でも、それってすごくきれいな森だと思ってません? 現実には、戦後植えた木があまり手入れしきれなくて、荒れちゃってるんです。だけども量はある。だから木を切って更新してきれいな森、健全な森にしていかなきゃきけないわけです。みんな『日本は森がこんなにあっていいよね』って言ってるんですけど、そのためには更新し続けなきゃいけない。でも、切ったあとに何に使うかというときに木造住宅だけでは使い道がなくなってきてしまう。また、都市部で木を使いましょうといって都市部に低層の木造住宅をつくろうとすると、土地の値段が高いので割に合わないわけですよね。だとすると、ビルとか大きい建築にいかに木を使えるようにするかということが問題になるんです」(腰原さん)

海外では木造ビルの建設ブーム


こうした流れは海外で進んでいて、世界各国に木材を多用したビルや集合住宅が次々とつくられています。カナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学の学生寮(18階建て)、ノルウェーにある複合ビル(18階建て、85m)、スイスの時計メーカー「スウォッチ」の本社ビル(工場や博物館、イベント会場を併設した全長240m、幅35m、高さ27mの巨大オフィスビル。設計は日本人・坂茂さん)。
また、さらにスケールの大きいも超高層木造ビルのプロジェクトも続々と発表されています。例えば、シカゴ(80階建て)、ロンドン(80階建て)、ストックホルム(130m住宅用高層ビル)。

日本でも住友林業(350m、70階建て。2041年完成予定)や大林組(10階建て、純木造。2020年3月着工、2022年竣工予定)がプロジェクトが発表されていますが、まだまだこれからというところです。

「森林資源が豊かな国は〝自分のところの木でこんなことができるんだ〟というアピールをするわけです。ノルウェーの木造複合ビルみたいに、本当は都市部にそんなビルはいらないのかもしれないんだけど、こんなビルが建てられるんですよって言えば、ヨーロッパの国が〝じゃあ、その木を輸入してうちでもそういうビルをつくるか〟というようになる。そういう『地産都消』あるいは『地産外消』というような、地域で生産したものを都市部で活用するという仕組みになっていけるはずなんですよね。でも日本では、地方の山奥に小さい平屋とか低層建築をつくる。地産地消というのが木材の使い方だったわけです。でも、地方では建築需要が少ないから、そろそろなくなってしまいます」(腰原さん)

木造高層ビルは「都市の貯木場」


上の写真は東京大学生産研究所の腰原研究室にある木造高層ビルの模型です。腰原さんは、山の木のいろいろな使い道をもっと考える必要があると言います。いまは需要が少ないので、切られないまま太くなってしまった木がたくさんあります。それをいざ使おうとなるとだいたい木造住宅の柱になるので、太い木をわざわざ細く削って細い柱として使うことになります。これはもったいないですよね。太い木を太い柱として活用する使い道があれば、そういうムダは少なくなるでしょう。高層ビルを木でつくれば、太い柱の需要が生まれます。

「いま山に木が余っている状態なんです。切らないと新しい木を植えられない。とりあえず切りたいんですけど、切っちゃうと使い道がない。とすると、切った木で大きなビルをつくっておけば、そのビルを壊したり改修したりするときに柱を細かく削って、住宅とかにまた使ってあげればいい。そう考えると、木造高層ビルは一時的に木を蓄えておく『都市の貯木場』になるわけです。山に森があって、都市にもうひとつ森があると思えばいいわけです」(腰原さん)

また腰原さんは、伝統的な木造建築のように1000年もつ建物をつくる一方で、山の循環のために40~50年サイクルで伐採し環境負荷の少ない木造のつくりかたを考えることを両輪でやっていくことが大事だとも言います。腰原さんは、東京オリンピックのスタジアムもすべて木造にして、大会後はそれを解体し、柱を再利用して跡地に住宅街をつくるというアイデアも提案していました。長持ちするのがいい木造建築というのはひとつの価値観であって、再利用を繰り返しながらずっと木を使い続けるのもまたひとつの価値観です。

「実際に木造のビルが建ってみなさんが体験できるということが大事なんです。日本で木造ビルが盛り上がらないのは、体験ができないから。いくら『木造はいいね』って言っても、体験したことがない人には伝わらないんですよね。だから久米さん、5階建ての豪邸でも建てたらいかがですか?(笑)」(腰原さん)

腰原幹雄さんのご感想


都市に木造の高層建築ってできるんですか?って、もう20年前からずっと同じ質問をされて飽きていると言ったら、久米さんを動揺させてしまいましたね(笑)。2000年代に入って、最初は木造を研究している本当にコアな人たちしか知らなかった時代が10年ぐらいあって、2010年頃から木造に興味のある工務店とか建築の人たちがやり始めて、去年ぐらいから木造のことを知らなかった一般の人たちが興味を持ち始めて、木造がいまこういうふうになっているということに気づいてくれるようになったんじゃないかなと思うんですよね。

実はそのステージが大事で、久米さんのように木造を使う側、発注する側の人たちが「木造ってそんなことができるんだ」とか「だったら木造に住みたい」って言ってくれるようになるには、今日みたいな機会があってよかったと思います。そういえば、今日は木の話をするのにスタジオには木が全然なかったですね。テーブルだけが木でしたけど(笑)。

久米さんは、木とはどういうものかというを感覚的に持っていらっしゃる。久米さんみたいに木造に住んだことがあると本当に木の良さが分かるんですけど、いま日本ではそれを体験する場がないんです。自分が経験した木の良さというものをみなさんが伝えてくれるといいなと思います。だから、やっぱり久米さんに木造5階建ての豪邸を建てていただくといいんですけどね(笑)。


「今週のスポットライト」ゲスト:腰原幹雄さん(東京大学生産技術研究所教授)を聴く

次回のゲストは、前田建設「ファンタジー営業部」岩坂照之さん

2月1日の「今週のスポットライト」には、前田建設工業「ファンタジー営業部」の岩坂照之さんをお迎えします。「マジンガーZ」「銀河鉄道999」「機動戦士ガンダム」などアニメやゲームの中の架空の建造物をもし現実につくるとしたら、どのくらいの建設費でできるのか大真面目に見積書を作成して、会社のホームページで公開しています。

2020年2月1日(土)放送「久米宏 ラジオなんですけど」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200201140000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)