お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 あなたにとってのスーパースターといえば誰ですか?

森本毅郎 スタンバイ!

今週はアメリカから衝撃的な悲しいニュースが届きました。NBAのスーパースターだったコービー・ブライアントさんが帰らぬ人となってしまいました。コービーさんの娘さんを含め9人の方が亡くなりました。スーパースターの死にNBAでは追悼が行われています。バッシュに『R.I.P. KOBE』(安らかに眠れ コービー)と書いてプレーする選手や、試合会場に入るときにコービーさんのレイカーズのユニフォームを着てくる選手もいます。グラミー賞のオープニングでも追悼しました。また、現地2月2日に開催されるアメフトのスーパーボウル、9日のアカデミー賞でもコービーさんの追悼を行うことになっています。競技を越え、ジャンルを越えて偉大なスーパースターでした。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、1月31日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。『あなたにとってのスーパースターといえば誰ですか?』というテーマで街でお話を聞いてきました。

 

 

★健さん、カッコええで!

●「加山雄三だね。年代から言ったら。だって学生の頃からずっと映画を観ていたから。若大将シリーズを。カッコイイじゃない、我々と違って。」
●「やっぱり山口百恵になっちゃうかな。彼女は20歳くらいで三浦友和と結婚して辞めちゃったでしょ、一切出てないし、やっぱりあこがれの大スターであった。」
●「吉永小百合さんかな。よく映画を観ていた。彼女はあんまり美人ではなかったけどね、若い頃は。いわゆる元気ハツラツ。だからむしろ、逆に中年を過ぎた頃からすごく磨きがかかってきた。私の青春時代ですよ。」
●「スーパースターね、井上陽水かな。世代ですね。大学の時にコンサートに来た、学園祭の。生を聞いた時はビックリしましたね。声量ですね。声量だけでハートに届くってスゴイ。」
●「高倉健かな。地元の人だから、福岡。健さんかっこええで!せやな、やっぱ男らしいところがあるわな!」

一時代を築いた方々ばかり。『健さん、カッコええで!』(^^)私の世代でも健さんのカッコ良さが分かりますよ~!!

★スポーツ界のスーパースター!

そして、スポーツ界からはコチラ。

●「アントニオ猪木です。とにかく強かった。他を寄せ付けない、圧倒的な、そういった今有名な人たちも根本的にそこからきてる人が多いと思う。だからそういうカリスマ性みたいのを持って今の人にも影響しているところが一番スゴイ。」
●「サッカー選手のマラドーナ。自分もサッカーをやっていたし、やっぱり5人抜きをワールドカップでやって得点したシーンというのは常人じゃないな、というところはありました。」
●「野球やっていた時にイチローに憧れていました。イチロー選手はプロ野球選手という座に胡坐をかくことなく自分の野球というのを突き詰めていく、そういうプロフェッショナルなところがほかの選手も素晴らしいけど、違うなと思う。」
●「やっぱりね、王貞治。子供って単純じゃん。だからさ、すごい強烈なものに憧れるじゃん。野球が好きでホームラン打ちたいな、王ってすっげー打つじゃん、スゲーなこの人って。今日も打った今日も打った一本足で今日も打った、そういう感じ。特別、今も神様だと思ってるね。」

王さんは【世界の王】ですもの!そのホームランは子供に強烈な印象を与えました。『王さんは打席に立てばホームランを打つんじゃないか』とワクワク感があったという方もいらっしゃいました。一方、マラドーナさんは現役引退後、お騒がせなイメージが強くて、ちょっと残念ですが・・・。

★ヤニック・ノアが僕のスーパースター!

そして、こういう声がありました。

●「僕はテニスをやっていたんで、ヤニック・ノアというフランスの選手がいた。黒人の選手でスゴイ、バラエティーに富んだ、その当時では考えられない、オジサン、54歳なんだけど、40年前では考えらえないプレーをして、すごいアクロバティックでカッコよかったっていうのはあるかな。世界ではトップ10に入っていたすごい有名な選手だった、その当時はね。ビヨン・ボルグとかジョン・マッケンローとか、ジミー・コナーズとかその頃の選手。その人のユニークなところがすごい好きだった。奇抜な打ち方をしたり、相手を騙すように左に向いて右に打ったり、すごいジャンプ力で普通だとボールを1回落としてから打つものもジャンプして取ったりとか。フレンチオープンという全仏オープンというのがあるんだけど、クレーコートで土のコートでしょ。白いウェアが試合終わった後には真っ茶色みたいな、そんな闘志満々で、これは・・・、なんていう時に本当にボールを返しちゃったりとか、こんなのあるんだ、とか。それはカッコイイなと思った。」

テニスのヤニック・ノアさん。正直、私はお名前を知りませんでした。1983年の全仏オープンで優勝。そしてそれ以降、フランス人が男子シングルスで全仏オープンを制した人はいません。アグレッシブなプレースタイルに加え、陽気な性格で人気だったわけですが、ボルグでもマッケンローでもなく、ヤニック・ノアなんですね!この方のその後の人生にも影響を与えたスーパースターだったようです。

★華がある!魅せる!!絵になる!!!

では最後に、一番多かった声です。

●「長嶋茂雄。スーパースターでしたね、野球でね、勝負強いし。やっぱり打ってほしい時に打ってた彼は。(スゴイ選手はいっぱいいるけど)でも、ずば抜けているよね。」
●「長嶋でしょ。やっぱり華があります。打っても守ってもね。アピールものすごい、パフォーマンスが、それが良いところ。金田に4三振くらったのもあるけど、それはそれでいい。みんな全てです、僕らにとっては。」
●「長嶋茂雄。子供の頃は神様だった。躍動感と何かやってくれるっていうね、期待を裏切らない、だから皆が熱狂した、あの当時の人たちは。やっぱり魅せるというかね、王さんは王さんでホームランをバンバン打っていたけど長嶋さんはすべてが絵になる。」
●「長嶋茂雄です。もう我々の年代のヒーローといったらもう長嶋茂雄しか考えられない。王選手のほうがホームランは打ったけど他の選手も出てこないよね。松井とかイチローとかいるかわからないけど、やっぱり長嶋茂雄を超える人って出て来ないんじゃないかな。」

ずっと気になってたお名前がやっと出てきましたか?(笑)スーパースターといえば長嶋茂雄さん!伺った世代もあるのでしょうが、本当に多かったですね~。中にはニコニコ顔でお話する方もいましたし、とにかく皆さん、うれしそう!ほんと~にスーパースターなんだなって実感しました。やっぱり長嶋さんは超越した存在なんですね!みなさんにとってのスーパースターは誰ですか?

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。