お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


1月26日(日)全国のご当地グルメまんが大集合!「中華まん博覧会」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの久保絵理紗です。

久保絵理紗
TBSラジオキャスター。
食べるも嗅ぐもクサいモノが好き。どこでも踊ります。

オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」


今日は、埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウンで開催されている「中華まん博覧会」を紹介しました。横浜・神戸・長崎の中華街の王道の中華まんをはじめ、全国から100種類以上の中華まんが大集合。その中から日替わりで、15~20種類の中華まんを蒸したてでいただけます。

▲これだけの蒸し器が一堂に並ぶと圧巻です

去年は10万個も売れたという毎年人気のイベントとあって、開店前から長蛇の列ができていました。地元の方にとっては、すっかり冬の風物詩になっているそうです!

▲オープン前から長蛇の列!

中でも注目なのが、各地の名産品を活かしたご当地中華まん!山形の「芋煮まん」、「名古屋コーチンカレーまん」に、広島の「牡蠣グラまん」など各地の味覚を楽しめます。(あたため販売しているかは当日のお楽しみ!会場でご確認ください)詳しいお話を、「中華まん博覧会」主催・ご当地グルメ研究会の松本学さんに伺いました。

▲「中華まん博覧会」主催の松本学さんと(中華まんポーズ)

今日はその中から気になるものをご紹介!まずは、北海道から「なまらうまい豚(トン)」。主役は、ゴロっと入った豚の角煮。高温でサッと揚げ、特製醤油ダレに付け込んだ後、6時間蒸してほろっと柔らかく仕上げられています。ここに濃厚な北海道チーズが絡み合い、クリーミーな味わいに!生地にも北海道生クリームが使われているので、ふんわり、やさしい口当たり。1個450円。

▲北海道の「なまらうまい豚(トン)」

続いて、沖縄から名産のもずくが入った「沖縄もずく肉まん」。沖縄紅あぐー豚に、沖縄産のもずくがたっぷり入ったヘルシーな沖縄の肉まん。「もずく」と聞くと、もずく酢を思い浮かべてしまいましたが、酸っぱい中華まんではないです。肉餡にプルっと食感のいいもずくが入っているだけでなく、生地にももずくが使われています。ヘルシーな一品。1個320円。

▲沖縄の「もずく肉まん」

「角煮」に、「もずく」と来て、最後は「魚」の中華まん。
静岡県の「金目の煮つけまん」。伊豆稲取の郷土料理「金目鯛の煮付け」が中華まんに…!具材が「魚」というのは、意外と今までなかったですよね。最近では‟伊豆土産”としても人気が出てきているようです。半分に割ると、魚の煮付けの香りがふんわり広がります。キンメダイに、くわい、ごぼう、竹の子、人参、生姜と具沢山!1個420円。

▲静岡の「金目の煮付けまん」


▲割った瞬間、ふわっと鯛の香りがおいしい~

今日のラインナップは、ほかには、新潟の「越後もち豚まん」や、愛知県の「豊川いなりまん」、岡山県倉敷市「デニムまん」、福岡県の「関門うにまん極」や、沖縄の「ピリ辛スパムサンド」など、各地の個性あふれる中華まんが、その場で蒸して販売されました。国内だけに留まらず、‟トルコの中華まん”と呼ばれる「ウスラック・ブルゲル」(直訳:濡れバーガー)も登場!まさに、湿ったハンバーガー。恐る恐る食べたらスパイスとにんにくが効いたトマトソースがパテと相性よくて癖になる味!トルコでも日本と同じようにレジ前に置かれた蒸し器で販売されているようです。

▲ほかにも個性豊かな中華まんがたくさん!選びきれない!


▲‟トルコの中華まん”を再現されたギュネイ・ネジョさん

「中華まん博覧会」の開催期間は、2/3(月)まで!その場で食べるもよし、お土産に冷凍まんを買うもよし、お好みの中華まんを探しに行ってみてはいかがでしょうか。