お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

もはや若者の常識!?なんでも「スクショ」世代!?

森本毅郎 スタンバイ!

きょうは、若い人の新常識シリーズ「スマホ」編。最近、若い人たちの間で、スマホの「ある機能」がトレンドになっているという話について、1月23日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で志田ディレクターが取材報告しました。


どういうことか?ネットトレンドに詳しい、株式会社ヴァリューズの灰谷圭史さんのお話です。

★若者の間でトレンド「スクショ」機能

株式会社ヴァリューズの灰谷圭史さん
最近の若者は、URLなどで情報で共有するのではなくスクショとして撮って、それを画像で送ってしまうことが流行りとしてあるようです。スマートフォンの画面などを画像としてそのまま撮ってしまうスクリーンショットの略ですね。スマートフォンだと、簡単にスクリーンショットができる一方、スマートフォンでコピーをしようとすると、結構面倒になってくるので、手軽さという意味でも、スマートフォンと相性がいいのかなと思います。若い人は段々、URLから離れていっているというのはあるかもしれないですね。

スマホの今見ている画面をそのまま画像として保存する機能のことを「スクリーンショット」略して「スクショ」と呼ぶんですが、アイフォンだと「ホームボタン」+「電源ボタン」を同時押しとか、 最新機種だとスマホの両脇にある「サイドボタン」を同時に押すとスクショ。これを何にでも使っている=いわゆる「スクショ世代」が登場しているんです!ということなので、ここからは渋谷の街で実態調査!若い皆さんに、スクリーンショット=スクショを使っているのか伺うと、ほとんどの人がスクショ派だったんですが・・・その理由がコチラ!

★スクショは面倒くさくない・・・URL知らない・・・スクショ相談!?

女性
保存したいモノがある時、メモにするのがめんどくさいんでスクショ保存。例えば、スキーとか行くってなったら、料金表とかウェブサイトとかをスクショで送ったり。URLだと探すのめんどくさいんで一発でわかるように。」
男性
あーもう全然、そういうのはします。友達との会話を送ったりもするし、面白いLINEの内容とか、やり取りの場面をスクショして、違う友達に送りますね。なんか、スクショくらいしか知らない、URLとかわかんないですもん・・」
女性
結構使います。ネット通販とかで、服を選ぶときにスクショして、それを友達に見せて、一緒に決めたりとか・・・ケンカもそうだし、もめごとの時に「これこーきたんだけど」という時に使うし(LINEでケンカしてる?)LINEじゃなくてもツイッターのケンカとか、そういうのスクショして、本当助けて、疲れたみたいな・・・(相談相手にスクショで)はい、スクショ相談。」

 

みんな使い方が色々! まず、通販サイトのページをスクショして友達に送る人たちは・・・サイトのURLをコピーなんか面倒くさい(中にはURLすら知らない人も)…これが一番多かった声です。次に、LINEなどでの会話のやりとりをスクショして友達に送るという人たちは・・・友達とこれでもめてるから見て、とかこんな面白い話あるよとかの情報としてスクショを使うんですが、これを学生の間では「スクショ相談」というんです! 知らなかった・・・色々な使い方がありますが、さらにもうひとつ、若い人達ならではの理由も!

★「ギガ使い切る」と、URLがなかなか開かないからスクショ

女性
普通に、URLをわざわざ開かなくても、通信制限の子とかが開けなかったりするので、画像でポンって出てくるとわかりやすいから。ギガを使い切っちゃって、インターネット開けないときに、友達から写真が送られたりするとすぐ見れて、便利(そんなときにURLくると?)スクショにしてほしいなって思う(容量制限がある?)あります。使い放題ではない」
女性
スクショして、情報を写真で簡単に送ってます。ギガを使い切っちゃって、SNSとか、インターネットとかが使えなくなっちゃう。結構使い切っちゃう子とかも多い。月末とかが多い。(ギガは容量ってことですか?)はいそうです。(友達と会話のときなんて言うんですか?)ギガ使い切った!」

この「ギガ使い切った」という言葉、かなり若い人みんな自然に出てきました。私もついていけてないんですが・・・1か月のデータ通信料を使い切ったことを言うんです。月末とかになってきて、ギガ使い切ってきちゃうと、インターネットのページがなかなか開かないなんてことがあります。そんなとき、スクショの画像なら、画像として開けるので早く見られる!こうした理由が「スクショ世代」が増えている理由だったんですが・・・このような若い人のスマホ行動をサービスにする企業も出てきていて、こんなアプリも登場しました!ホリデー株式会社の小野村嘉人さんのお話です

★スクショ情報を解析して情報整理する旅行アプリ登場!

ホリデー株式会社の小野村嘉人さん
これは、SNS、フェイスブックだったりインスタグラム・ツイッターだったり、特に若い人がスクリーンショットで情報を保存していると思うんですが、その保存している画像を解析して、その情報を抽出して、我々のアプリの中に保存ができるという機能です。画像から読み取れるものとして「住所」そこに紐づく「URL」、「食べログ」だったり「インスタ」とつながっていたら、その情報も紐づいて保存できます。我々はおでかけ、旅行のサービスですので、基本的にはスポット=場所、レストランだけでなくて、カフェだったりとか公園だったりとかレジャー施設とかが保存できます。

スクショした画像を解析~グルメ・旅情報として登録される

「ホリデー」というのは、旅行計画を一括管理できるアプリのことで、自分でインスタやツイッター、ネットなどで気になった飲食店やスポットをスクショしてアプリに読み込ませると、数秒で解析して、「場所の名前」「地図情報」「住所」などを自動抽出してアプリに記録してくれます。そのままアプリを使えば、そのお店や場所までの行き方や旅行計画ができるという優れもの!というふうに、徐々にスクショに対応したアプリやサービスが続々登場中で、若者の行動だけでなく、サービスも今の若い「スクショ世代」にあってきているので、これからもますます拡大しそうな予感です!