お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【スタイリスト・山本あきこ直伝!】〝一生モノ〟と〝ファストファッション〟の使い分けはどうすればいい?

ジェーン・スー 生活は踊る

1月16日(木)の「スーさん、コレいいよ。」のコーナーには、
スタイリストの山本あきこさん登場!

今回のテーマは、〝一生モノ〟と〝ファストファッション〟の使い分けについて。
靴やカバンなどの〝一生モノ〟とどう付き合っていけばいいのか、
ユニクロやGUなどのファストファッションは、どう活用していけばいいのか?
詳しくはラジオクラウドをどうぞ!

『靴やバッグはいいモノを…』じゃなくてもいいのだ!

この考え方は、自分で自分の首を締めてしまうようなもの。
どうしてもワードローブに偏りを作ってしまう落とし穴になりがち…

その防止策として、部門毎にハイとローをバランスよく持つようにしましょう。
靴部門でハイとロー。バッグ部門でハイとロー。ニット部門でハイとローなど。

また、ハイとローの合わせ技も有効!
たとえば、真珠を使ったアクセサリーならば、
手元の指輪は本真珠、耳元のピアスはパール風のフェイクを使ってみる。
そうすると、本物の質感に引っ張られて、フェイクまで本真珠と思わせることができるんだそう!

いただきモノやご褒美買いしたアイテム、時には寝かせちゃってもいいのだ!

「せっかく、母からもらったモノだから」
「初めてのボーナスで自分にご褒美買いしたモノだから」など…
イイものこそ、着るタイミングや処分するタイミングに迷ってしまいますよね。

まず大前提として、持ち方・着方は時代に合わせることが大切です。
時には、あえて1〜2年寝かせるのもおすすめ。トレンドは回るので、また回ってきたりします。
そのときに、今っぽく着るように意識しましょう。

『ユニクロ』は〝家族〟。『GU』は〝遊び友達〟みたいな感覚で付き合えばいいのだ!

常にベーシックでいて安定感が抜群な「ユニクロ」は、そばで支えてくれる家族のようなもの。
たとえば、年齢関係なく着れるけど、シルエットやサイズ感など、
トレンドが変化しやすい「シャツ」は、ユニクロを活用すべし!

一方、「GU」は違う景色に連れて行ってくれる遊び友達のようなもの。
ふだんだったら、なかなか手に取らないような色モノや、
流行のアイテムなど、いつもとは違うエッセンスを入れたい時は強い味方!
「靴」や「アクセサリー」などがおすすめです。

最後に山本あきこさんからお知らせ!

「いつもの服がなんだかしっくりこない…」という悩みに徹底的に応えた、
『これまでの服が似合わなくなったら。「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!』は、
幻冬舎 より、税別1,400円 で販売中。ぜひ、お手に取ってみてください。



山本あきこさん、ありがとうございました!