お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

“粉薬は飲みにく~い”というあなたに。オブラートを試してみた

ジェーン・スー 生活は踊る

TBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」。2020/1/16の放送より

薬局でかぜ薬などを貰うことも多いこの時期。しかし、もらえる薬は粉状のものばかり……“粉薬は飲みにく~い”というあなたに是非参考にしてもらいたいオブラート特集です。

オブラートはジャガイモやサツマイモのでん粉を糊化(アルファ化)し、それを急速乾燥して造ったフィルムです。最近では薬以外にも、お弁当のデコレーションなどにも使われています。人によっては「ボンタンアメ」などお菓子に使われているイメージもあるかもしれません。

その種類も味のついたもの、ゼリータイプ、粉タイプなど様々。では使い勝手はどうなのか。ということで今回は試してみた感想をお伝えしたいと思います。

ピップ「袋オブラート イチゴ風味」

ピップ 袋 オブラート 50枚入り イチゴ風味 薬スタンド付き
薬を包みやすくしてくれる袋タイプにイチゴ風味が付いたもの。苦い薬を包んでくれて飲み込むときにほのかに甘い味がしますので、子どもなどにも良さそうです。薬を入れやすいスタンド付きです。価格は50枚入りで300円~400円程度で売っているのでコスパも良いです。オブラートのカサカサ感が苦手な人には後述の「水オブラート法」を試してみて下さい。もう味の無いオブラートには戻れないかも!

龍角散「おくすり飲めたね」「らくらく服薬ゼリー」

龍角散 おくすり飲めたね ピーチ味 200g【5個セット】
龍角散 らくらく服薬ゼリー チアパック 200gx5個
1998年に服薬ゼリーという分野を創出し、特許と圧倒的なシェアを持つ龍角散ゼリータイプのオブラート。のどに詰まらない性質であること、薬の作用や吸収に影響を与えないことを追及しているので、嚥下困難者にも向いています。また、粉薬のみならず錠剤、カプセルなどにも対応していて、ゼリーで包み込むことで味やにおいを感じにくくしてくれます。「おくすり飲めたね」が子ども用、「らくらく服薬ゼリー」が大人用・嚥下困難者用(※嚥下筋の筋力の低下や咽頭の下降などにより、飲み込むことが困難な方)というイメージです。普通のゼリーとして美味しいレベルなので、デザート感覚で薬が飲めてしまいそうです。良薬は口に…甘し!

協和食品工業『とろみの精』

とろみの精 オブラート顆粒 3個セット
静岡の協和食品工業株式会社は、昭和25年の創業以来、オブラートと発泡スチロールの製造と販売を行なっている会社です。その技術をもって顆粒状のオブラートを製作。本来は片栗粉のように食品にとろみをつける調味料としても使うものですが、素材はオブラートと同じなので、薬を飲むのにも使えます。使い方はとろみを付けたお湯に薬を入れ、ツルっと飲むだけです。とろみの濃度が調整できるので、自分好みにカスタマイズできます。ただ、味がないので飲みにくい人もいるかも。

オブラートの注意点、薬の飲み方を森田豊さんに聴いてみた!

「生活は踊る」準レギュラーで医師・医療ジャーナリストの森田豊さんにオブラートの正しい使い方、そして薬の飲み方について改めて教えていただきました。

Q:オブラートを使用する際のポイントや注意点はありますか?


オブラートは、口の中に張り付きやすいため、コップ一杯程度の水や、ぬるま湯と一緒に服用します。薬がのどにつかえて飲みにくい人、飲み込む力が衰えてしまったお年寄りには、水オブラート法と言って、薬を包んだオブラートをスプーンに載せ水に浸し、その後に、水を含んだオブラートと薬をスプーンですくって口の中に入れる方法が推奨されています。一部の薬(苦みのある胃の薬、漢方薬)などは、オブラートにより効果が弱まるので注意が必要です。これらの薬は、味やにおいが、効果を高める一つとも考えられているためです。

Q:錠剤が飲みにくい場合、砕いて飲んでも大丈夫なんでしょうか?


錠剤には砕いて飲んでも効果の変わらないものと、潰してはいけないものがあります。潰してはいけないお薬の代表は、表面がコーティングされているお薬で、有効成分が胃ではなく腸で溶けるようにするためや、苦味の強いお薬を飲みやすくするためなどの理由があります。砕いて飲みたい場合には薬剤師さんに相談したほうがいいです。潰してもよいお薬は、薬局で粉状にしてお渡しすることもできます。潰してはいけないお薬でも、同じ成分の粉薬や、口の中で溶けるタイプの
お薬があることもあります。

Q:錠剤と粉薬、効き目に違いはありますか?


同じ薬でも、錠剤タイプと粉薬タイプが並んでいるのを目にすることがあります。粉薬のほうが胃で溶けやすく吸収も多少速いと考える人が多いのですが、効き目が出るまでの速さはほとんど変わりません。

Q:水なしで薬を飲むのは何がダメなんですか?


お薬の多くは水などと一緒に飲み、きちんと胃の中にいれることがとても大事です。食道などに薬がとどまった状態が続くと、食道に炎症や潰瘍を起こすことがあります。(もちろん、水なしで飲むように指示されている薬は例外です。最近では、口の中で溶けるタイプのお薬が増えていて、飲み込む力の衰えたお年寄りなどによく使われています)

Q:薬をお茶で飲むのは、なぜNGなんですか?


以前は、貧血改善のための鉄剤はお茶と一緒に飲んではいけないといわれていました。お茶に含まれる渋み成分の「タンニン(カテキン)」が鉄にくっついてしまい、吸収されにくくなるからというのがその理由です。しかし、タンニンの薬の効果への影響を調べた研究報告などにより、最近ではそれほど気にする必要はないと考えられるようになりました。お茶で薬を飲むとしたら、お茶に含まれる「カフェイン」の影響は考えてください。カフェインは目覚まし効果のある成分で、眠気を抑える薬の成分にもなっています。

苦手な薬はオブラートに包んで、飲み込んでしまいましょう!

ピックアップ