お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年1月12日「ミラクル・サイクル・ライフ」<実家が自転車屋さん!歌手の小桜舞子さんがゲストでした>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

歌手の小桜舞子さんをお迎えしました。
1978年生まれ、神奈川県茅ヶ崎市のご出身。
NHKのど自慢 グランドチャンピオン大会の出場をきっかけに2001年に歌手デビューされました。
柔らかなキャラクターと高い歌唱力でファンの心を掴んでいらっしゃいます。
そんな小桜さんと自転車にどんな関わりがあるのかというと、ご実家が自転車屋さん!
おじいちゃんが始められ、現在もお父さんが二代目としてお店を切り盛りしているそうです。
毎日手を真っ黒にして修理や組み立てをするお父さんの姿を見て育ったという小桜さん。
特にパンク修理を見るのが好きだったそう。
理由は缶からヘラで取り出すパンク糊がまるで水飴に見えたから。
幼心から「おいしそう。私もやってみた~い」とパンク修理に憧れたそうです。
そこから話題は小桜さんならでは、「自転車屋さんあるある」へ。
次のような秘話をお話しいただきました。

・セルフ(自動)の空気入れを使うお客様あるある。
 年に1回は空気を入れすぎてパンクさせてしまうお客様がいらっしゃる。
 (各自、加減をみながら入れるようにしましょう!)

・学生が文化祭に使うダンボールをもらいにくる。
 (自転車のダンボールは大きくて折り目がないのが人気の理由)

・野球部などの運動部や病院関係者が古いタイヤのチューブをもらいにくる。
 (トレーニングやリハビリの体操に使用するため)

このほかにも興味深いお話が飛び出しました。
詳しくは音声でお楽しみください

小桜さんの新曲の「度会橋」が聞けるradikoのタイムフリーはこちら。

ゲストは、歌手の小桜舞子さんhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200112183000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!