お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【アーカイブ】「早く消えてほしいですね」史上最高にぶっちゃけまくった脚本家の愚痴の数々!

宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど

1月13日(月)のゲストコーナーは「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど…」。今回は脚本家の皆様!リョウヘイさん(32歳・歴11年)、アヤコさん(39歳・歴11年)、コウジさん(40歳・歴12年)に仕事の愚痴を聞いていきます!

アヤコ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、とにかくギャラが安いんです。

宮藤 :言える範囲でいいので、どんな感じですか?

アヤコ:深夜ドラマだと、1年で2クール入ってると、すごく売れっ子な感じがするじゃないですか。でも今、1人で書かせてもらうのって少ないので。4人で割っちゃうと、ただでさえ元が安いのに。そうなると年間で7話ぐらいしか書かせてもらえないので、バイトしないと暮らせないんです。

宮藤 :うわぁ、そっか…。

幸坂 :宮藤さん!

宮藤 :俺が搾取しているわけじゃないよ!

アヤコ:あと、「予算がない」という言葉を聞かなかった試しがないですね。いい加減長くやっているので、大体これぐらいかなという想定はできるのですが。だから仲の良い作家さんで同じキャリアぐらいの人でも、結構バイトしている人はいますね。深夜ドラマやっている人はバイトやっている人は多いですね。

リョウヘイ:脚本家って脚本家しかやっていない人が多いので、宮藤さんみたいにマルチに活躍されている人は少ないんです。

宮藤 :やめてください…(苦笑)

リョウヘイ:だから年間通して数話とかになってしまいますね。

コウジ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、作品の途中でいきなりクビにされるんです。

宮藤 :作品の途中ってどれぐらいですか?

コウジ:何年か前の話なんですが、連続ドラマで最終話を書いて準備してたんですよ。最終話ですよ!プロット書いてたら、本打ちの予定の電話が来ないんですよ。「1週間も来ないな?」と思って、嫌な予感がして。自分のマネージャーづたいに「本打ちの予定が来ないんだけど」と聞いたら、もう別の人が最終話を書いているということがありました。

一同 :うわぁ…。

コウジ:途中で脚本家が変わるのは、ピッチャー交代みたいなもので、7回で点取られたら交代するみたいな。それはよくあるんです。でもそれは事前に話があって交代するってことの場合で、気づかないうちに知らない人が書いてたってことはあんまりないですね。練習してたら違う人がマウンドで投げてたってないじゃないですか。それは1回ありました。最終話ですよ!

宮藤 :一番大事ですよね。本打ちしているから、終わりも決まってるんだよね。その打ち合わせも当然参加してたと思うんだけど、その実際に書いた人も参加してた?

コウジ:いてましたね。

宮藤 :そうか…。きついなぁ。

リョウヘイ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、いつも同じ脚本家ばかりで若手に全然チャンスが回ってこないんです。

幸坂 :「宮藤さん、どいて!」と(笑)

宮藤 :まぁ、分かる分かる(笑)

リョウヘイ:毎クールいつも見た名前の脚本家ばかりで全然若手にチャンスが回ってこないんです。もちろん、自分に力がないというのは大前提なんですけど。たとえば宮藤さんは世の中的にネームバリューがあって、求められてる人は良いんですけど。

宮藤 :やめてください!

リョウヘイ:脚本家界隈で知られてても世の中的に知られてない人で、「いつまで書いてるんだよ、そんな面白くないものを。なんでずっとやってんだよ」と思う人があまりに多すぎて、早く消えてほしいですね。

幸坂 :言っちゃった!

アヤコ:大丈夫なのかな…?

宮藤 :「そんなに書かなくてもよくない?」ってことですよね?

リョウヘイ:それならチャンス譲っていただきたいんです。

宮藤 :「この間やってたこれと今のやってるこれ、似てない?同じ作家じゃない?じゃあ、1クール休めば?」みたいな。

リョウヘイ:そうですね。いつも同じ枠で同じようなテイストで、「そのテイストといえばその人」みたいなのが企画書を通す都合上そっちのほうが良いんですよね。だからいつもその人になっちゃうんだけど、面白くなくなると。

一同 :(苦笑)

リョウヘイ:やっぱり面白くなくて、「日本のドラマは面白くないね」と言われる現状を見ると、「そりゃ面白くない人に書かせてるからな」って普通に思っちゃいますよね。

幸坂 :ちょっとネットニュースになっちゃうのかな…(笑)

宮藤 :イエーイエーイエー!言っちゃいましょう!!イエーイエー!!

ということで、たくさん愚痴を言っちゃってます!ゲストコーナー全編はradikoのタイムフリーで。

―――――タイムフリー期間は終了しています―――――