お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


1月12日(日)「浦和ユースオーケストラのニューイヤー音楽フェスタ」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!
放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲浦和ユースオーケストラ

1月12日(日)の放送では浦和ユースオーケストラニューイヤー音楽フェスタをご紹介しました。会場は浦和駅西口からすぐの【コルソホール】です。

▲右から庄子さん、齋藤さん、本多くん

オーケストラが大好きな理事長の庄子 聡さん。浦和ユースオーケストラは2008年に結成され、小学校4年生から大学4年生までの学生で構成されています。ユースオーケストラを作ったのは学校にオーケストラ部がないっ!という声があがったからなんだそうです。確かに・・・学校の部活はほとんどが吹奏楽部で弦楽器が出来る場所がないですね。(オーケストラ部がある学校もありますが多くはないそうです。)個人で演奏している子供たちにオーケストラの魅力を知ってもらおうと思って立ち上げたんだそうです。

▲アンサンブルの演奏もありました。

メンバー最年少の小学4年生、バイオリン担当の本多 超くんに「どうしてオーケストラに入ろうと思ったんですか?」と聞きました。一度見学に来た時にみんなで演奏するのが楽しかったから、入団を決めたそうです。

▲オーケストラでは後ろにいた方の演奏も間近で聴けます。

このコンサートは聴くだけではなく指揮者体験が出来たり飛び入りで楽器を演奏できるんです!毎年超満員です!私も一緒に演奏させてもらいました。楽器は竹製ウッドブロックです。(数に限りはありますが会場で貰えます)

▲竹製ウッドブロック

コンサートマスター(コンサートミストレス)で中学2年生の齋藤 璃緒さんに『打てば音が出るので大丈夫です!』と励まされ、演奏に参加しました。曲は【シンコペイテッドクロック】なんと!私が担当する楽器が目立つ曲じゃあないですか!!大事にリズムを刻みましたが若干ズレている・・・オーケストラの演奏のおかげで素敵な演奏になりました。そうそう!コンサートマスターの役割も齋藤さんに教えてもらいました。第二の指揮者と言っていい全体のまとめ役で、第一バイオリン奏者が担当します。今回2回目のコンマスだそうですが、まだまだ緊張します!と言っていました。

▲指揮者:鏑木蓉馬さん

指揮者体験もやりました。学生時代に指揮を担当したこともなく、初指揮者。初めて持った指揮棒はびっくりするほど軽かったです。

▲プロに指導してもらえます。

簡単な指導を受けて壇上へ上がります。みんなの目線がこちらに集まる・・・えいっ

▲ふんぬっ!


私の指揮に合わせて通常より少しテンポがゆっくりの「ラデツキー行進曲」でした。が、こんな初めての人が振っても素晴らしい演奏になるんですね!オーケストラすごい!!

▲感動したっ

午後2時からはいよいよ浦和ユースオーケストラメンバー全体での演奏です。

▲最高でした!


アンサンブルとは違った、やはり迫力を感じます。お客さん全年齢が楽しめるような選曲に、クラシックに詳しくない私もずっと楽しかったです!

▲曲目はこちら

▲まだまだ聴いていたかった。

会場では楽器演奏体験コーナーもありました。初めてのバイオリンチャレンジ。

▲音が出ると嬉しいですね。


初めて弦に弓を当てたらマンガみたいなギギギギギギーーという音が・・・コンサートマスターの斎藤さんにちょっと教えてもらったらすぐにきちんとした音が出て、さすがです!そして音が出ると嬉しくてバイオリンを手放したくないっ、習いたくなりました。

▲こんな小さな演奏家も。

これだけたくさん体験できて入場無料ですよ?!また来年も来たい。まずは8月9日(日)に定期演奏会があるのでぜひみなさんも浦和ユースオーケストラを目の前で!