お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「湾岸戦争が…」女優・鈴木杏樹さんのデビューに隠された驚きの経緯とは

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」

「伊集院光とらじおとゲストと」

12月18日(水)のゲストに、

女優の鈴木杏樹さんが登場!

CM女王、数々の映画、テレビドラマへの出演など女優としての活躍では広く知られる鈴木杏樹さん。実はデビュー当時は歌手、しかもイギリスでデビューしていたのをご存知ですか?まずは、伊集院がその意外なデビューについてうかがうと、「ソニーの方がスカウトしてくれるんです。イギリスに行きませんか?って。それでイギリスに留学して、音楽スタジオで下働きをして、デビューしたんです」と教えてくれました。ただ、その後「イギリス各地、ヨーロッパツアー。何回かやってるうちに湾岸戦争が起きるんですよ。ソニーが、アーティスト全員に日本に引き揚げなさいって命令を出してくれて、日本の実家に帰ってきたんです」と激白。伊集院が「そんなことになんの!?」と驚くと、さらに「音楽はイギリスの契約が残っているからできないけど、それ以外だったら日本でできるよっていうことで…」と女優を始めた意外すぎる経緯を語ってくれました。

さらにお話の途中途中に鈴木さんは身振り手振りで伊集院に説明。それを見た伊集院は「そんなにマイムの多いパーソナリティいないですからね(笑)」とツッコミながらも「それを杏樹さんがやっちゃうと俺の中ではかわいい人にしかならないけど(笑)」とその仕草のかわいさがクセになったよう。さらに女優業のスタート後について話を振ると鈴木さんは「実際やってみると何もできなくて、いつも怒られてて」と、当時を振り返り、その時の恩人として田中美佐子さんとダウンタウンの浜田雅功さんの名前をあげて、当時のエピソードを話してくださいました。

さらに話しはラジオパーソナリティとしての活動にも。ニッポン放送で15年以上続く長寿番組を担当している鈴木さんは「近いですよね、ラジオって。マイクの先で聞いてくださっている方の雰囲気、顔が伝わるような」と、その魅力を語ってくれました。音楽番組のパーソナリティも担当している鈴木さんに伊集院が「僕、リクエストで曲をかけるってのをほぼやったことがない」と、その感想をうかがうと「みなさん、自分の人生を書いてくださるので。自分がそこに寄り添うこともできるし。1曲で2つの人生を楽しめる」と話し、伊集院にもリクエストを呼びかけていました。