お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】(澁谷智義×中澤有美子)2019年12月・第5回「腸から始まる健康ライフ」2019年12月30日分

腸から始まる健康ライフ

毎月、消化器を専門とする医療関係者、研究者をゲストにお招きして、
腸内環境の整え方や、腸の病気など、腸に関する健康情報をご紹介します。
腸にいいコトがギュッと詰まった10分間!耳から服用する整腸剤のような番組です。

12月のゲストは、順天堂大学医学部・消化器内科准教授の澁谷智義(しぶや・ともよし)先生 です。
2019年12月30日は、小腸をめぐる最新研究をテーマに伺いました。

順天堂大学医学部准教授の澁谷智義先生と中澤有美子さん



■ここ最近分かってきた最新の病態で、「腸もれ症候群(リーキーガッド・シンドローム)」と呼ばれるものがある。
■漏れ出すのは、細菌だけではなく、摂取した栄養素や、本来腸から体外排泄されるべき異物も含まれる。
■漏れ出た異物や腸内細菌は、全身の炎症の原因となる。
■痛み止めや鎮痛剤として広く流通する薬が胃腸障害を起こすことがある。「非ステロイド性抗炎症剤」というもので、英語の頭文字を取って「NSAIDs(エヌセイズ)」などと呼ばれる。
■最近はNSAIDsによる胃潰瘍や潰瘍出血の割合が増えている。発赤、びらん、潰瘍、膜様狭窄など様々な形態が小腸全域に多発することも。

【今月放送した内容】
■12月02日 小腸の役割
■12月09日 小腸の検査方法・カプセル内視鏡
■12月16日 小腸の検査方法・バルーン内視鏡
■12月23日 小腸の病気にはどのようなものがあるのか?