お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

《セブン-イレブン presents カラダへの想いこの手から》料理研究家・藤野真紀子×生島ヒロシ

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週水曜日の6時10分頃からは、

「セブン-イレブン presents カラダへの想いこの手から」

このコーナーでは、毎週「食」を健康的に、美味しく楽しむ「コツ」を紹介します。

今回は料理研究家の藤野真紀子さんをお迎えし、

フランスの冬の風物詩・ソーセージの煮込み料理
「シュークルート」のレシピをご紹介いただきました。

詳しくは、ラジコでお楽しみください。

セブン-イレブン presents カラダへの想いこの手からhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191225061136

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

【今回ご紹介したレシピ「シュークルート」】

※本来、豚肉なども入るが、今回は手軽に
ベーコンと、ソーセージと、ジャガイモだけで。

☆材料
・好みのソーセージ 6本
・ベーコン、ブロック 1本
・ジャガイモ     2個(一口大に切る)

・ザワークラウト(発酵させたキャベツ)
缶詰、または瓶 400g
・白ワイン 1カップ
・チキンブイヨン 3カップ
・タイム(ハーブ)
・ニンニク 1かけ(潰す)
・あればネズの実(「西洋杜松(ねず)」と呼ばれる針葉樹の実)

☆作り方
①ベーコンを一口大にきり、軽くソテーしておく。
②ザワークラウト(発酵させたキャベツ)は、
塩分・酸味が強い場合、軽く水洗いしておく。
③深めの鍋にオリーブ油熱し、ニンニク、スライスした玉ねぎ加え
ソテーする。ニンニクは、取り出してもOK。
④ベーコン、ソーセージ、ジャガイモ、白ワイン、ブイヨン、
ザワークラウト加えて、ジャガイモに火が通るまで煮る。
タイム、あれば、ネズの実も、この時に加える。

※水分は様子みて、足りなければ水を足す。
煮すぎると、ソーセージや、ベーコンの味が抜ける。
良い頃合いで、召し上がって下さい。

※熱々に、マスタード添えて、皆さんでワイワイとどーぞ‼︎
スプマンテ(スパークリングワイン)やビールにもピッタリ!

・ザワークラウトは、冬場の保存食として
キャベツを塩漬け&発酵。→日本の漬物と同じ発想。

・野菜の少ない冬場でも、たくさんのキャベツを摂取できる。
保存食は先人の知恵でもある。

 

このコーナーでは、皆さまからの感想を募集しています。
今回のコーナーの感想などを、
ohayou@tbs.co.jpまでお寄せください。

メールを送ってくださった方の中から抽選で、毎月10名様に5000円分のクオカードをプレゼントします!
必ず、住所・お名前・電話番号を忘れずに!メッセージ、お待ちしています!!

「寿おせち三段重」