お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記】レモンサワーブームを探れ!~「おとうさんのためのニュース年録2019」カンニング竹山×片桐千晶×桐畑トール▼2019年12月26日放送分

スペシャルプログラム

特別番組「TBSラジオ、週刊文春、週刊新潮共同企画~おとうさんのためのニュース年録2019」(12月26日夜10時~)

番組のパーソナリティは、たまむすびでおなじみ、カンニング竹山さん。アシスタントは、片桐千晶さん。この番組内で、「2019年、おとうさんも気になるトレンド分析」を放送。

と言うことで、西の小結に入った、サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」。なぜ、今年、レモンサワーが流行ったのか、その秘密に迫りました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

片桐:さあここからはですね、先ほど、トレンドコーナーでも話題になりました「レモンサワーがなぜ人気なのか?」について取り上げていきたいと思います。題して、「レモンサワーブームを探れ!」

レモンサワーのことを「レサワ」と言うほど、今年は、レモンサワーが流行ったんですよね。日経MJの西の小結では、「こだわり酒場のレモンサワー」がランクインしています。竹山さん界隈ではどうです?レモンサワー人気・・・

竹山:いや、流行ってますよ~。全国津々浦々レモンサワーの上手い店、なんていう看板とかそういうのが凄く流行りました。家でももちろん飲みますし。

片桐:私も飲みましたし、 友達がレモンサワーが好き過ぎて、グッズを作ったんですよ。シャツとか帽子とかでね、かわいいレモンサワーの絵があって、ローマ字で「KOIME」って書いてある、レモンサワー濃いめの「KOIME」。それぐらい人気が広がってるんですよ~。

竹山:スーパー行ってレモン見ると、今正直一番はじめに浮かぶのは、「あ~これ絞って酒飲みたいな」ってなるからね!家帰って焼酎に絞ろうかなこれ、炭酸入れてね。

片桐:では、なぜレモンサワーが人気なのか?一体どんなところが人気なのか?その秘密をですね、調査員が調べて来てくれました。
ほたるゲンジの桐畑トールさんです。

桐畑:どーも!宜しくお願いします!とりあえずレモンサワーに枝豆貰っていいですか?

竹山:飲みながらも全然やっていいですけど、枝豆だけはちょっとありません(笑)

桐畑:枝豆と煮込みもなく?そうですか・・・。いや色々とね、調べて参りましたけども。今年レモンサワーが人気って言うんで、街の人はどうなんだって、ちょっとこれ聞いてみようっていう事でね。やっぱり聞くと言えば、あそこですよ、お父さんの街・新橋!この季節忘年会シーズンですし、インタビュー行く前に、お父さんたちの哀愁?会社に対する不満・愚痴・・・。それを酒で洗い流すみたいな空気をまとった人たちにインタビューしてきたんです。

街の声
(今年一年間で一番飲んだお酒ってなんですか?)ハイボールかレモンサワー(レモンサワーブーム?)ブームですよ。レモンサワーってすっきりするんで・・・(どのへんがすっきり?)いややっぱり柑橘系のあのレモンのスカッとした感じが・・・(あなたの中でブームのこの一年どのお酒でしたか?)あ~レモンサワーとかサワー系ですかね?(結構まわりどうですか?自分の仲間・知り合いの中でレモンサワー飲んでる人は?)割合多いですね、今年。(今年日経MJの西の小結に選ばれたんですね。サントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」なんですけどご存知ですか?)あ!知ってます知ってます、みんな飲んでます(じゃ結構まわりはみんなこれ飲んでる?)そうですね、結構仕事終わりで外飲みとかしても、みんなこれ手にかけて飲んでますね(あなたのまわりはどうですか?同僚とか友達)あぁやっぱ上司が最近レモンサワーは多いですよね、やっぱ若い子やとビールとかが多いんですけど、結構レモンサワー飲まれる方は多いですね~。

桐畑:街中で聞いてもまわり、自分も飲んでるし、まわりもみんな飲んでるという。あと若い層もみんなレモンサワー飲んでるってと。

竹山:やっぱりそのさっぱり感じゃないですか?さっぱり感を求めて飲むというか~。確かにいまお父さんも言ってましたけど、僕も今年1年考えると、一番飲んだ酒はレモンサワーかもしんないなと・・・。だってビールは1~2杯で終わるじゃない、そっから僕結構酒飲むからレモンサワー結局ずーっと飲んでるんですよ。不思議ですよね? ジュースだってそんなに飲めないのにね・・・。不思議ですよね・・・。

桐畑:先程も話になりましたけども、日経MJの西の小結に、このサントリーの「こだわり酒場のレモンサワー」これがやっぱり火付け役となった、ということなんですよね。で、このレモンサワー様々ある中で、なぜこの商品が人気なのか? 実際お店で、この「こだわり酒場のレモンサワー」を提供してらっしゃる、新橋にあります三芳八さんという居酒屋さんの店長・緑川朝博さんにお話を伺いました。

緑川朝博さん
人気は非常に良くてですね、リピーターも多く、非常に好まれて飲んでる様子が店側からもわかる感じですね。とまぁ、飲まれてる方やっぱり甘くないっていうところが大きなポイントで、すっきりとした感じでお酒を飲まれると。で、まぁそれに合わせたつまみを当店では出していますので、相乗効果によって2杯が3杯、3杯が4杯っていう形で非常に好まれてますね。(じゃ一回飲んだ人がリピーターで増えているって事もあるんですか?)そうですね、リピーターは間違いないと思いますね。(一回飲んでみたらハマっちゃう)ハマるっていう感じですね、やはり甘くないっていう所がポイントですよね。(つまみにも合う?)つまみにももちろん合うと。(やっぱ甘く無さすぎるというのはどうですか?大人?男性の大人なのか、結構30代、20代なんかも飲むんですか?)そうですね、20代30代の方も飲まれますけどもやはり、レモンサワー50代60代の方が非常に多いですよね。ここに来てレモンサワーって感じが、えぇ多いですね。(グラスがまたいいんですよね?)グラスはこのレモンサワー専用のアルミのタンブラーを使っておりまして、見た目にも非常に涼しげで、非常に効果的に提供させていただいております。

桐畑:店長曰く、レモンサワーが出る比率がもう今年は尋常じゃないくらいでてるって。

竹山:いま店長おっしゃってた、ここに来てレモンサワー、50代60代ここに来てレモンサワーって言ったじゃないですか?俺、まさしくこれだと思う!俺ここに来てレモンサワーだもん!不思議と。本当にここに来てレモンサワー飲みます。なんだかんだで。戻ってきた感じ、やっぱ落ち着くし。コンビニでなんかサワー買おう、レモンサワー買おうとした時に、今まで無かったんですよ。あったんだけど、意味わかるかな?あったんだけど無いのよ。

桐畑:で、実際にですね、来てるお客さんにもちょっとお話を伺っております。皆さん「こだわり酒場のレモンサワー」を飲んでる、そのお客さんに直接、話を聞きました。

お客さん
「なんかもうさっぱりしてて、後味的にもすっきり、やなこともすっきりって感じで」「生レモンっぽい感じが。だからリキュールとかじゃなくって、レモンっぽい感じがする。」「これそんなに甘くないっすね。料理のね、邪魔をしない感じが。そういう意味では、食中に飲むお酒で、ちょうどいいんじゃないですかね。」「実際今3~4杯目ですけど、炭酸がもともと好きなんで、炭酸も割と強めなんで、だからぐびぐび飲めちゃうのかなっていうのはあるかもしれないですね。」「この店ももう5回、6回来てますけど、必ずレモンサワー頼んでます。家の近くのスーパーでも缶で売ってるんで、実は買ってます。このおんなじ名前で「こだわり酒場のレモンサワー」ってやつ。辛い食べ物にも合うし、脂っこいのにもレモンの酸味がすごいちょうどよくって。」「レモンサワーはさらさら飲めるし、後味すっきり。」「こだわり酒場のレモンサワー、すごいおいしいですからね。この甘くない感じがいいですよね。しっかりレモン味で」

竹山:どの料理にも合うってのはまさしくその通りなんですよ。

片桐:そうですよね。すっきり飲めるっていうね、そこですよね。

桐畑:あとここの新橋・三芳八さんは、この特製のタンブラーで出されているんです。お客さん、のこれが良いんだって。

竹山:これ誰が気づいたんだろうね!?レモンサワー、アルミのこれで飲むと一番上手いっていうのに・・・これまたね、ビールうんぬんとかじゃんいですよ、レモンサワーが一番うまいんすよ!

桐畑:またこの口当たり部分の薄さ、良くないですかこれ?これがまた!ジョッキだともうちょっと分厚いガラスになる訳ですよ。結構みなさん4~5杯飲んでますみたいな人がほとんどですよね。お店でも飲めるレモンサワーが家でも缶で飲めたりもするという、そりゃやっぱ人気が出ますよね。

竹山:そうですよ、だからブームになってんですよね~

片桐:レモンサワーブーム、来年もますます・・・

竹山:いや当分まだ続くんじゃないですか?だって来年になってやめる理由が無いでしょ(笑)

片桐:ますます盛り上がっていきそうな「レモンサワーブームを探れ!」をお送りしました。調査員は桐畑トールさんでした!

TBSラジオ・週刊文春・週刊新潮共同企画~おとうさんのためのニュース年録2019http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191226220000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)