お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2019年12月15日「ミラクル・サイクル・ライフ」<ゲストの新城幸也さんの2019年をひと言で表すと!?>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

年末恒例、バーレーン・マクラーレン所属のプロロードレーサー・新城幸也さんをお迎えしました。
およそ1年ぶり7度目のご出演です。
好青年というイメージの強い新城さんも9月で35歳。
この年齢はプロロードレーサーの世界でもベテランの域に達するそうです。
しかし去年の世界チャンピオンは38歳。
新城選手の場合もさらなる活躍が期待できそうです。
そんな新城さんに2019年を振り返っていただきました。
去年のご出演では2018年を「良かったと思えるし、悪かったと思える一年」と寸評。
では2019年はどんな年だったのか? 「安心できた年」と語ります。
3月に転倒して左肘と骨盤を骨折。
左肘は砕けていたため、すぐに手術。
しかし骨盤は1mmくらいのずれだったので筋肉を切ってダメージを負うよりも自然治癒を選択し、2ヶ月間、動かさないように努めたそうです。
やはり療養の時間はもどかしかったのだとか。
動かさないので股関節が硬くなってしまい、また、肘にネジを入れたため、まっすぐに伸ばすことが困難。
椅子の肘置きにのせただけで痛みが走ったと語ります。
しかし、そんな逆境をはねのけ、10月のツール・ド・フランスさいたまクリテリウムで日本人初の優勝。
驚くことにその頃はまだネジを除去していなくて肘が伸びきっていなかったそうです。
厳しい環境にも音をあげない新城選手は現在、グランツールを12回連続で完走中。
これは現役選手の中で5番目の記録。
「鉄人感を感じる」と石井さんと疋田さんからも絶賛の声が上がりました。
詳しくは音声でお楽しみください。

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!