お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

伊集院光とらじおと木村昇吾と。「一回、アウトになってしまったら、その日は終わりです。!」と2019年12月16日(月)放送

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストは、元・プロ野球選手で、現在は、クリケット選手の木村昇吾さんでした。

伊集院光とらじおとゲストと1216

ドラフト11位で、横浜ベイスターズへ入団した木村昇吾さん。その後、トレードで広島へ行き、ショートのポジションだけでなく、ユーティリティプレーヤーとして活躍されました!その後、FA宣言するも難航し、最終的に西武ライオンズへ入団しましたが、自由契約となり、クリケット選手への道へ進みます。クリケットは、1チーム11人で攻撃と守備を行うのですが、監督はいないので、戦略などは、選手同士で話し合い、チームのキャプテンが支持をするそうです。バッツマンと呼ばれる打者は、ボーラーと呼ばれる投手が投げる球を、バッツマンの後ろにある、ウィケットに当たらないようにバットで打ちます。その際、半径70mのフィールドを360℃を使い、アウトにならないようにどこに打ってもOKだそうです。しかし、「一回、アウトになってしまったら、その日は終わりです。」逆に、アウトにならなければ、1時間から2時間も打っている時があるそうです。

伊集院光とらじおとゲストと1216

これが、クリケットのバッツマンの打ち方です。フライをダイレクトで取られてしまったら、アウトになってしまうので、ワンバウンドなどで来るボールを、できるだけ低い打球を打つためのバッティングフォームです。野球とは違い、ボールを体の前でさばかず、出来るだけキャッチャーよりでボールを打つそうです。

伊集院光とらじおとゲストと1216

そして、これが打った後のフィニッシュです。これは、あくまで前に打つ時のフォームですが、フィールドは360℃使えるので、後ろに打つ横に打つ時のバッティングフォームが違うそうです。

伊集院光とらじおとゲストと 2019年12月16日(月)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20191216100528

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)