お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 あなたの職場はONE TEAM?

森本毅郎 スタンバイ!

今週水曜日に、ラグビーワールドカップ日本代表のパレードがあり、およそ5万人のファンが訪れました。丸の内の仲通りを練り歩く選手たちは、スーツ姿でカッコ良かったですよね!この日本代表のスローガンは『ONE TEAM』。今年の流行語大賞にもなりましたが、チームが一つになって史上初のベスト8となりました。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、12月13日(金)は、金曜日恒例のサラリーマンの声。『あなたの職場はONE TEAM?』というテーマで街でみなさんにお話を伺いました!

 

 

★ONE TEAMです!!

●「ONE TEAMですね。少ないし、助け合うしかないものですから。争いごとがないように気を遣ってます。」
●「現状、時と場合によって変わる。良い時もあるし、ちょっとこじれる時もあるかなって感じがしますけど。みんな楽しく、仕事は楽しく出来てたんで、それぞれに目標があって目標がみんな一緒になった、ONE TEAMになれました。」
●「ONE TEAMだと思います。狭い部屋で働いているから。お互い意思の伝達もしやすいし、気軽にお互いで話し合える。やっぱり、まとまりはあると思います。それなりに意志の疎通が出来てると思う。」

ONE TEAMの職場、いいですね~!なかなか、ONE TEAMって言えないですよ。最後の方が言っていましたが、【狭い部屋だから】というのは、なるほど、と。やっぱり、お互いの顔を見て話し合えるというのはまとまりますよね。

★ONE TEAMではないと思う!!

ONE TEAMの職場は羨ましい限りですが、多かった声はコチラでした。

●「なってないです。全員が仲が良いわけでもないんで。なんとなく、同じ方向を向いてないかなって思う。」
●「ONE TEAMではないと思います。結構、年上と年下の差がすごい激しいんで、その辺じゃないですかね。不況の時に人を採ってない。我々50代と、下はもう20代なんで。30がいないですね。だから、いきなり50が20に色々言わなきゃいけないんでそれは大変です。」
●「ZERO TEAMだね。バラバラです。歴史がない会社だから、新入社員から育ったのがいない。色んな人間が色んなところから来てるから、だからまとまらないですね。」
●「違います。みんなバラバラです。大将が悪いんじゃないの?裸の王様だから。」

ONE TEAMとは言い難い・・・というみなさん。同じ方向を向いていない、年代の差がある、色んな所から集まっている、大将が悪い。

原因はいろいろありますが、ラグビー日本代表を見習いたいですね~!みんなで同じ目標を持って、同じ方向を向いていましたし、年代の差も埋めていました。色んな国の選手が集まっていましたが、まとまっていましたし、ジェイミー・ジョセフという優秀な大将もいました。まさに、なるべくしてONE TEAMになったと言っても過言ではありません!!

★【NO ONE TEAM】ですね!

ですが、サラリーマンの世界には、こういう声もありました。

●「違うと思いますよ。個々に売り上げを上げないとダメな所なんで。だから一人が良くても悪い人間をカバーするってことはしなんで。しないですよ!チームはONE TEAM、同じ会社ですけど、そういう面ではNO ONE TEAMじゃないですか。(個人主義というか)そうですね。やっただけ反映されるっていうんで、やる人はやりますし、やっても出来ない人は怒られてますし、それを誰かがみんながカバーするってことはない。(厳しい戦い)でも、生活がかかってるからね。誰も助けてくれないでしょ。やればやっただけ、それだけ見合があるって言えば。だから、誰も困ったからって助けてもらえない。この間、助けたから助けてくれよってない。やればやっただけ貰えたほうがいい。」

スポーツでいえば個人競技、ということですね。完全な個人主義。ずいぶんとドライだな~と思ってしまいますが、生活がかってますからシビアになると言われれば、なるほど納得。なにしろ、やればやっただけ貰えるわけですから、同僚を助けている暇はない、と。例えば、3つの案件を抱えていて、2つしか出来ないとなると、助けてもらうのではなく、その1つをあげちゃうのだそう。つまり、成果を譲ってしまう。助け合いの精神はない。自分が出来ないならあげる。これは、確かに【NO ONE TEAM】ですね。

★少しずつONE TEAMに近づいてる、かな!?

最後にこういう声もありました。

●「ちょっと違う。みんなバラバラかな。今、システム部にいるんだけどみんな個性が強いからやりたいようにやってるって感じ。みんなちょっと独特な人ばかりだから。(独特な人が多いとONE TEAMに)なりにくいですね。人との繋がりが得意な人ばっかりじゃないので、だから、それがあって自分がシステム部に行ったんだけど、なかなかまとまらない。みんな、暗い、あ、暗くはないんだけど、独自にやっちゃう人達ばかりだから。まとめたいんだけど、まとまらない。けど、だいぶ、自分が言うのも何ですけど少しずつは変わってきてるかなって感じはする。(部署の忘年会は)やりますよ。けど、なかなか来ない人もいるのでなんとかその人を来させようと、飲むのが好きな人に言って来させようとしてます。いつかは揃うんじゃないかな。来年かな。」

この方はシステム部をONE TEAMにするために、今年の4月に異動になったそうです。いわば、システム部のキャプテンになったわけですが、異動して8か月、少しずつ変わってきてるようですよ。頑張っているキャプテンのためにも今年の忘年会は全員が揃うといいですね。全員出席の忘年会はONE TEAM感がありますものね。さて、みなさんの職場はどうですか?ONE TEAM?

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。