お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

マスターソムリエに聞く「ワイン」と「チョコレート」の美味しい関係!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


金曜日の6時10分頃からは、明治チョコレート効果 presents 生島ヒロシの『健康ライフ』。

今朝は、マスターソムリエの

高野豊さん

に「ワイン」と「チョコレート」の相性について教えて頂きました。

 

高野さんは、ワインの世界的最高資格「マスターソムリエ」。農業系ソムリエと呼ばれ、超一流ホテルでのサービスから田舎の公民館でのワインを楽しむ会の講師、レストランや販売業のコンサルトのほか、ワイナリーの立ち上げに携わっています。

 

Q、ワインとチョコの相性は?
実は、「チョコレート」と「ワイン」はとても相性がいいです。もともと、チョコレートは、甘いワインと合うと言われていました。
→甘いチョコとワインは甘さを打ち消すため、たくさん食べられる。
ところが、苦いチョコレートと渋い赤ワインも相性が良いことを発見!
→苦味を消しあう。
★ワインとチョコには共通する点が多くある!
・まず、ワインとチョコは「ポリフェノール」が含まれているという点で似たもの同士。
・ワインには渋みや苦みを与えるタンニン(ポリフェノール)。チョコにはカカオポリフェノールが含まれている。
・実は、ポリフェノールがたくさん含まれている赤ワインと高カカオチョコレートを一緒に摂取すると、ポリフェノールの吸収がよりよくなるという報告もある。

 

Q、明治の「高カカオチョコレート」に合う赤ワインは?
明治の高カカオチョコには、72%、86%、95%とあるが…赤ワインの渋みが強いものを選ぶと間違いない!
例えば、イタリア産『プリミティーヴォ』
→プリミティーヴォはぶどうの品種。イタリアワインは酸味が強いが、プリミティーヴォのワインは特に強い。色合いも濃く、木いちごなどの香りを持った力強い味わい。濃くて、なめらか。やわらかいのが特徴。高カカオになるほど、渋みが強い赤ワインが合う。
フランス産 ボルドーワイン『メドック』の赤は、「高カカオチョコレート95%」にオススメ。
→この地区では赤ワインのみがAOCとして認められており、タンニンをしっかりと感じられる長期熟成タイプの赤ワインが造られている。

 

このコーナーでは、皆さんからメッセージをお待ちしています。
番組の感想、明治「チョコレート効果」のオススメの食べ方、
来てほしいゲストなどを書いて お送りください。

※メッセージを頂いた方の中から抽選で、毎月10人の方に明治「チョコレート効果」1か月分を差し上げます。住所、お名前、電話番号もお忘れなく。

メールは、ohayou@tbs.co.jp
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」
「明治チョコレート効果」係まで

 

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴き下さい!

「ワインとチョコレートの美味しい関係!」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190809061110

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)